【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県内で初受賞−南日本ハム(日向)に環境大臣表彰

本紙掲載日:2019-12-18
2面
河野知事に受賞を報告する徳丸四郎社長

地球温暖化防止活動−環境教育を実践

 今年度の地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受けた南日本ハム(本社・日向市財光寺)の徳丸四郎社長らが16日、県庁を訪れ、河野知事に受賞を報告した。同表彰を受けるのは県内で初めて。

 同表彰は、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人、団体(自治体、企業、学校など)に贈られる。今年度は「技術開発・製品化」「対策技術先進導入」「対策活動実践・普及」「環境教育活動」「国際貢献」の5部門に合わせて166件の応募があり、個人3人、33団体が受賞した。同社は59件の応募があった環境教育活動部門で表彰を受けた。

 同社は、県内各地の学校や行政機関、団体などに向けた環境教育の出前講座を実施。国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成過程を疑似体験できるカードゲームや、独自の教材などを用い、幅広い世代に分かりやすい学びを提供している。

 これまでに110回、延べ6360人を対象に実施。こうした産学官連携の教育支援活動が認められ、昨年1月には「第8回キャリア教育アワード」(経済産業省主催)の大企業部門で優秀賞も受賞している。

 河野知事は「人材を育てることが将来につながるという意義深い活動」などと取り組みを称賛。徳丸社長は「2年続けて大きな賞をいただけるとは思っていなかった。今後も内容を充実させ、微力ながら、地域に根差した活動を続けていきたい」と励みにしていた。

◆日向市長にも受賞を報告

 徳丸社長らは17日、日向市役所を訪問し、十屋幸平市長と今村卓也教育長に受賞を報告した。

 出前講座で講師を務める食育広報推進課の難波裕扶子さん、松本紗嬉さんと共に市長応接室を訪ねた徳丸社長は「日向市はキャリア教育を産学官でやっていく機運ができている。その土壌がなければ、ここまで活動はできなかった」などと語った。

その他の記事/過去の記事
page-top