【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

どう伝える?地元企業の魅力

本紙掲載日:2019-12-17
8面
建設業協会と高校が意見交換した「ひむか人材育成協議会」

県北の建設業協会と高校

◆人材育成へ、意見交わす−延岡

 県北の建設業協会と高校が意見交換する「ひむか人材育成協議会」がこのほど、延岡市のエンシティホテル延岡であった。深刻化する人手不足や若者の県外流出に対し、各団体が取り組みを報告。地元企業の魅力を高校生に伝えるためのアイデアを話し合った。

 建設業界と高校が話し合う場として設けられ、今回で5回目。延岡、日向、高千穂地区の建設業協会役員と県北8校の校長や進路担当者ら約50人が参加した。

 各建設業協会の青年部は小中校生を対象にした出前講座や「土木の日」(11月18日)のイベントなどを通じて、土木の魅力を肌で感じてもらう取り組みを進めていると報告。このうち日向地区建設業協会は、小学生から危険な段差や側溝など校内の不便な箇所を聞き取り、小学生と一緒にコンクリートで改善させる取り組みを紹介した。

 高校側は学校でのキャリア教育や生徒の進路状況などを説明。特に、土木科のある延岡工業高と建築科がある日向工業高は、建設現場見学会やインターンシップ(就業体験)など企業と連携した学習について報告した。

 土木系と建築系の学科がある7校の卒業生を対象にした進路調査では、就職者のうち県内建設業に進んだのは5〜20%ほど。進行役を務めた県キャリア教育センタートータルコーディネーターの水永正憲さんは「就職を控えた高校生だけでなく、義務教育の小中学生にも魅力を語り続けていくべき」、延岡地区建設業協会の山司会長は「前回までの課題を踏まえ、より前進した活動に結びつけられることを期待している」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top