【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

数学の面白さに驚き−秋山仁さん講演

本紙掲載日:2019-12-16
7面
楽しそうに秋山さんの話を聞く日向高生
秋山さんの話に聞き入る恒富小児童

 数学教育の第一人者で、東京理科大学副学長の秋山仁さんが7日、延岡市の恒富小学校(青野秀靖校長、192人)と日向市の日向高校(久保田一史校長、563人)で講演し、児童・生徒に算数や数学の楽しさを伝えた。


◆数学理論から医療機器・マジックは2進法を応用−日向高

 秋山さんは上智大学大学院数学科を修了後、ミシガン大学数学客員研究員、日本医科大学助教授、東海大学教授、文部省教育課程審議会委員などを歴任。現在は東京理大副学長のほか、同大理数教育センター長、ヨーロッパ科学研究院など幅広い舞台で数学教育に力を注いでいる。

 日向高では、1年生187人を対象に「数学おもしろサーカスショー」と題して講演した。道具を使って体積を求めたり〃数学マジック〃を披露したりした。

 冒頭には「人類が今、幸せに安全に生きていられるのは数学のおかげ」と述べ、さまざまなものに応用されていることを紹介した。

 脳の断面などを映し出すMRI(磁気共鳴画像装置)は、三角関数を応用したもの。腎結石破砕装置には楕円(だえん)の理論が使われており、「病院は数学の応用の展覧会。みんな数学の理論を使って成り立っている」と伝えた。

 数当てマジックでは、1〜15の中から生徒に頭の中で一つだけ選ぶように指示した後、八つの数字を書いたカードを4枚提示。それぞれのカードに選んだ数字が入っているか否かを聞いただけで、生徒が選んだ数字を見事当てた。

 さらに次は、8枚のカードを用意。今度は、選んだ数字がカードに入っているか否かを答える際、一度だけうそをつくよう指示。生徒はポーカーフェースでうそをついたが、選んだ数字とうそをついたカードを当てた。

 驚く生徒らに、数の「2進法」を用いたからくりを説明。その後、生徒同士で数学マジックに挑戦した。

 また、十一角形や円の面積は、小学生で習う三角形の面積の求め方を応用するなど、「分からないことは分かることに帰着して答えなさい」と、数学の問題の解き方をアドバイスした。

 フロンティア科の小路遥仁さん(16)は「数学者のすごい人なので難しいかなと思っていたけど、親しみやすく分かりやすい講義だった。とても楽しかった」と話した。


◆五感で学ぶ算数体験館−延岡・恒富小

 恒富小では、「五感で学ぶ算数体験館」と題し、秋山さんと西田修斗さん(東京理大大学院理学研究科応用数学専攻博士後期課程2年)が講演。高学年と低学年に分けて、小道具などを使って分かりやすく指導した。

 児童らは数当てマジックなどで算数の楽しさに引き込まれた様子。6年生の小田迅竜さん(12)は「今まで算数が嫌いだったけど、秋山先生の話を聞いていて楽しかった。ちょっとだけ算数が好きになった」と感想を語った。

 講演後には6年生の森優音さん(12)が「毎日このような授業を受けてみたい」とお礼の言葉を述べ、同学年の井上皓史さん(12)が秋山さんに花束を贈った。

 秋山さんが理事長を務め、理数中等教育支援活動を続けてきたNPO法人科学教育研究所が昨年解散したことを受け、活動を引き継いだ団体「学びの創造塾」が、今回の講演会を企画。旭化成による支援と、延岡市教委、日向市キャリア教育支援センターの協力で開催が実現した。

その他の記事/過去の記事
page-top