【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「県北平成の30年」(57)夕刊デイリーで振り返る

本紙掲載日:2019-12-14
8面

【平成29年1〜6月】
◇旭化成18年ぶり優勝
元日恒例の全日本実業団対抗駅伝大会があり、旭化成が4時間49分55秒で18年ぶりの優勝を果たした。大会最多となる22度目の日本一だった(1月4日付)

◇鳥フル、県内清浄化
川南町の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが発生した問題で、県は移動制限区域を解除、県内は24日ぶりに清浄化した(1月12日付)

◇延岡市の道の駅統合
延岡市内の三つの道の駅などが経営統合され、管理運営する「のべおか道の駅株式会社」が発足した。社長に高木亨輔氏が就任した(1月14日付)

◇キャリア教育で最優秀賞
文部科学省と経済産業省が実施しているキャリア教育推進連携表彰に、日向商工会議所の同教育が最優秀賞に選ばれた。「よのなか教室」などが評価された(1月26日付)

◇高千穂、センバツならず
選抜高校野球大会の出場校選考会があり、21世紀枠で初の甲子園出場を目指した高千穂は選出されず、同枠の補欠となった(1月28日付)

◇延岡湾の稚アユ採捕休止
アユ資源の枯渇が危惧される五ケ瀬川水系で資源回復プロジェクトが始まり、この年の海産稚アユ漁のうち、延岡湾での採捕を休止することになった(2月7日付)

◇旭化成が30億円寄付
旭化成は、築60年以上が経過して老朽化が進む延岡市の野口記念館の建て替え費用として、市に30億円を寄付すると発表した(2月10日付)

◇しいやさんの漫画始まる
延岡市出身の漫画家しいやみつのりさんの漫画「デイリー銭湯家族」の掲載が始まった。しいやさんは赤塚不二夫さんのアシスタントとして活躍、30歳で独立した(2月10日付)

◇精孝美術館オープン
延岡市松原町の吉田病院創設者の故・吉田精孝氏が生前収集した美術品を展示する「精孝(きよたか)美術館」が、病院敷地内にオープンした(2月20日付)

◇延岡学園が3位に
柔道の全国高校選手権が行われ、男子団体で県代表の延岡学園が県勢初の3位に入った。体重無差別の勝ち抜き方式で行われた(3月21日付)

◇門川にスマートインター
東九州自動車道の門川―日向間に建設中だった門川南スマート・インターチェンジが開通した。宮崎市方面への乗り降りが可能となった(3月25日付)

◇30人乗り新車両を導入
高千穂町の高千穂あまてらす鉄道が30人乗りの新車両を導入、旧高千穂鉄道跡で運行を始めた(3月27日付)

◇中国木材が工場増設
国内最大手の製材メーカー中国木材が日向工場を増設することになった。製材工場などの規模を拡大、天然乾燥場を新たに設ける計画を示した(3月28日付)

◇みやざき新巨樹100選
県が「みやざき新巨樹100選」を発表した。枯死した巨樹に替わって新たに選定された18本のうち、県北からはアスナロ(高千穂町)など半数に当たる9本が選ばれた(3月31日付)

◇五輪仕様の走路に
延岡市西階陸上競技場の改修工事が終わり、鮮やかな青色をした全天候型トラックがお目見えした。平成9年以来の改修だった(4月1日付)

◇福島さんが県学童新
延岡市東小学校6年生の福島実咲さん(東海アスリート)が、県記録会女子100メートルで12秒93の県学童新記録を出した。21年ぶりの記録更新だった(4月3日付)

◇観測史上最も遅い開花
宮崎地方気象台がソヨイヨシノの開花を発表した。昭和46年の観測開始以来、最も遅い記録となった。東京では既に満開となっていた(4月3日付)

◇ボンベ破裂6人負傷
延岡市の城山公園でカセットガスこんろが破裂。6人が顔や手足に熱傷を負い、病院に運ばれた。こんろを2台並べて使用していたという(4月5日付)

◇諸塚村に小水力発電所
諸塚村家代に小水力発電所が完成した。発電能力は最大19・5キロワット。年間約190万円の売電収入を見込んだ(4月6日付)

◇続100名城に延岡城
日本城郭協会の「続日本100名城」に延岡城が選ばれた。慶長8(1603)年、高橋元種によって築かれた近世城郭。千人殺しの石垣などが評価された(4月7日付)

◇新鐘守に日高さん夫妻
延岡市民に時を告げる城山の鐘の第8代鐘守に日高康彦さん、真理子さん夫妻が決まった(4月11日付)。時の記念日に交代式があった(6月10日付)

◇王子谷選手が優勝
体重無差別で男子柔道日本一の座を争う全日本選手権があり、旭化成の王子谷剛志選手が2年連続3度目の優勝を果たした(5月1日付)

◇養殖カンパチ「ひなた小町」
延岡市のカンパチ養殖業者グループが、近畿大学で人工ふ化した稚魚を育てた養殖カンパチ「ひなた小町」を出荷することになった(5月15日付)

◇アジサイ祭りを中止
美郷町北郷のアジサイが「葉化(ようか)病」に侵されていることが分かり、町や観光協会は「椎野あじさいロード」の公開観賞と祭りの中止を決めた(5月16日付)

◇八杯汁の会が発足
延岡市の郷土料理「八杯汁」の知名度を高めようと、市内の料理店主ら有志が「のべおか八杯汁の会」を発足した(5月20日付)

◇美郷町の新庁舎が落成
美郷町の新庁舎が完成した。鉄骨造り2階建て(一部平屋)。西郷田代の旧庁舎跡地に建設した(5月22日付)

◇政挙公をしのぶ
延岡藩最後の藩主・内藤政挙公の没後90周年と銅像建立100周年を記念する式典が城山公園であった。市民らが「延岡中興の父」をしのんだ(5月24日付)

◇テングチョウ大発生
成虫の頭部がてんぐの鼻のように見える「テングチョウ」が延岡市北川町で大発生し、「初めて見た」と住民を驚かせた(5月31日付)

◇恋する灯台
日向市の細島灯台が、日本ロマンチスト協会などが実施するプロジェクトで県内初の「恋する灯台」に認定された(6月3日付)

◇まるで新種白いカラス
羽の白いカラスの幼鳥2羽が延岡市川島町で見つかり、「まるで新種」と近所の人たちを驚かせた。色素異常とみられた(6月10日付)

◇青木選手が2000安打
米大リーグ、ヒューストン・アストロズの青木宣親選手(日向市出身)が、日米通算2000安打を達成した。イチロー選手らに続き7人目の記録となった(6月12日付)

◇ユネスコエコパーク登録
宮崎、大分両県にまたがる祖母・傾・大崩山系地域が、ユネスコエコパーク(生物圏保存地域)に登録された。県内では綾地域に続いて2カ所目だった(6月15日付)

◇チキン南蛮の日制定
日本記念日協会は、7月8日を「チキン南蛮の日」に制定した。延岡発祥チキン南蛮党が平成21年7月8日にシンポジウムを開催、同日をチキン南蛮の日としていた(6月19日付)

(カッコ内の日付は記事掲載日。市町村名、組織名、役職名などは当時のまま)



その他の記事/過去の記事
page-top