【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

郷土の偉人を特集

本紙掲載日:2019-12-14
7面
6人の偉人について、関連資料を使い、分かりやすく紹介したコーナー
22日まで開かれている「人権週間関連企画展」

12月22日まで延岡市立図書館

 延岡市立図書館(丸山奈緒美館長)は22日まで、同市本小路の本館で「郷土の偉人に関する本展」を開いている。初めての取り組み。近代の延岡で活躍した偉人6人を、パネルと資料で分かりやすく紹介している。普段は貴重書庫で保管されている資料もあり、同館は「ぜひこの機会に郷土の偉人について知ってほしい」と呼び掛けている。

 6人は、最後の延岡藩主内藤政挙、柔道家磯貝一、旭化成創業者野口遵、歌人若山牧水、延岡市初代市長仲田又次郎、日本初の民間パイロット後藤勇吉。

 パネルは、市民グループ「城山ガイド・ボランティアの会」(現延岡ガイド・ボランティアの会)が編集出版した「延岡の先賢」を参考に作成。活動が一目で分かる。展示に向けて同館の司書らが調べた貴重資料は、ガラス越しに閲覧できる。人間性や生き方の一端が垣間見える資料もある。

 また、「延岡・宮崎の著名人に関する本」として、パネルで紹介している6人に限らず、県内の著名人に関する本を展示、貸し出している。100冊ほど用意しており、入れ替えながら約50冊ずつ並ぶ。

◇18日、安井息軒に関する映写会

 同館2階セミナー室では、18日午後2時から50分間、激動の幕末を駆け抜けた儒学者安井息軒(現宮崎市清武町出身)に関する映写会を行う。入場無料。事前申し込みも必要ない。問い合わせ先は同館(電話延岡32・3058)。

◇人権を考える本も特集

 同図書館は「人権週間関連企画展」も行っている。22日まで。

 「人権週間」(4〜10日)に合わせた恒例の企画。今年は10月1日に「延岡市すべての市民の人権が尊重されるまちづくり条例」が施行されたことから、女性、子ども、働いている人、高齢者、体の不自由な人ら「すべての人」を意識して、幅広いテーマの本を選んだという。すべて借りられる。

 同館は「一見関係がないようなテーマでも、突き詰めたら人権というものも多い。本を通して人権について知ってもらえれば」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top