【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

架空のまちづくり楽しむ

本紙掲載日:2019-12-12
7面
テーマに沿ったまちづくりに挑戦する児童

法人会青年部が財光寺小で教室

 県北法人会青年部会(伊東康弘部会長)の租税教室が6日、日向市財光寺小学校(黒木将人校長)で開かれた。6年生83人が、テーマに沿ったまちづくりに挑戦するワークショップなどを通して税について学んだ。

 ワークショップでは、事前に振り分けた9班がそれぞれに「スポーツのまち」「自然の多いまち」「高齢者に優しいまち」などのテーマを設定。税金を使って「街づくりアイテム」の公共・民間施設を購入し、地図上に貼っていくゲーム学習を行った。

 各班の税金の額は、出題されたクイズの正解数に応じて決定。架空の通貨「ZEN」が300億〜500億ZENそれぞれの班に交付された。

 児童は「老人ホームの近くには病院が必要」「スポーツジムを建てて、スポーツチームもつくりたい」など意見を出し合いながら、テーマに沿ったまちを創造していった。

 また、1億円分の札束のレプリカを抱きかかえて重さを体感したり、税制度がなくなった架空社会を描いたアニメを鑑賞するなどして、税の必要性や役割を学んだ。

 野中七海さん(12)は「税がある理由や議員さんたちの苦労がよく分かった」と感想。伊東部会長は「税を身近なものに感じ、使われ方を知ることで、日向市への関心も深めてほしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top