【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

車いす陸上で「世界広がった」

本紙掲載日:2019-12-11
2面
木下さんの話に聴き入る来場者
講演する木下さん

木下さん(宮崎市)ユーモア交え講演

 「障がい者週間」(3〜10日)に合わせた記念講演会が5日、延岡市のカルチャープラザのべおかであり、車いす陸上の選手として活躍する木下大輔さん(25)=宮崎市在住=が「宮崎で生きるパラスポーツ選手のリアル」をテーマに話した。

 講演会は、同週間の周知と障がい者に対する正しい理解、障がいの有無を意識しない住みよい社会づくりに向けた啓発活動として、市、市教育委員会、市人権啓発推進協議会が開いた。

 木下さんはヒルシュスプルング病という難病と先天性脳性まひで、車いす生活を送っている。中学時代から車いす陸上に打ち込み、大学時代には車いす陸上100メートルの選手として日本ランキング1位まで上り詰めた。現在もパラリンピックでのメダル獲得を目標に、宮崎大学の非常勤教員として働きながら日々練習に励んでいる。

 先天性の障がいがあることを医師から告げられた時の母親の反応は意外なもので、途方に暮れるのではなく、「それまで受けた恩(補助金)を返せるような」「税金を納められるような立派な大人」を目指させるというものだったという。

 「自分のことは自分でするのが当たり前」という方針で、6歳の誕生日を境に木下さんは、1人で風呂に入るように。初日は溺れかけて大変な思いをしたが、「失敗しても怒られるだけ。どうやったらうまくできるかを考えた」。

 もともと体を動かすことが好きで、小学生から野球に打ち込んだ。大リーガーになることを夢見ていたが、母親に「障がい者=スポーツはできない。勉強で頑張れ」と否定された。学校の昼休みにたまたま読んだ本のパラアスリートのことを先生に話したところ、その先生はその日のうちに詳しく調べてくれたという。

 車いす陸上に打ち込む70歳の男性と出会い、「結婚して子どもがいる」「車の運転をしている」ことに驚き、頑張れば何でもできることに気付かされたという。

 単身での豪州留学や競技生活で出会った人たちのことを振り返りながら、車いす陸上を通じて「自分の中で中途半端なことが減った」「世界が広がった」「自分を信じられるようになった」とし、「『障がい=できない』ではなくて、何とでもなる。すべてが練習。自分に問い掛けながら、行動し続けることが大切」と呼び掛けた。

 この日は耳の不自由な人たちのために、延岡手話サークル「わかあゆ」のメンバーが手話で同時通訳。訪れた人たちは、ユーモアを交えた木下さんの話に聞き入り、質疑応答でも盛んな質問が飛んでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top