【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域新電力会社で説明会

本紙掲載日:2019-12-11
1面
北方コミュニティセンターで開かれた地域新電力会社に関する市民説明会

三北で実施、12日には市役所−延岡市

 延岡市は8日、読谷山市長が公約に掲げる地域新電力会社「延岡電力(仮称)」の設立に関する市民説明会を、北方町、北浦町、北川町で開いた。調査会社に委託した事業化可能性調査報告書に基づき、市として設立に向けて検討し、まとめた内容などを聞いた。

 読谷山市長は11月、地域新電力会社を来年度中に設立したい考えを示すとともに、電気料金の水準や事業の収支シミュレーションを公表。今後は市議会の議論や説明会の開催、市民の意見募集などを通じ、理解を深めたいとしていた。

 北方会場には市民ら約20人が出席し、読谷山市長が「歳出削減で財源を捻出する手法には限界がある。新しい財源確保の方法を考えなければならないが、地域新電力会社はその一つ。真剣に考えて財源確保の方法はこれしかないと考えている」とあいさつ。

 続いて、地域の電気料金を引き下げるとともに、市に利益を寄付することで市の財源確保につなげる地域新電力会社の設立の目的や、卸電力市場や地元の廃棄物発電、太陽光発電などから安く電力を仕入れ、販売するシステムなどを説明。

 また、主要な顧客としては家庭や低圧の店舗・事業所と、事業の安定化のため市の公共施設への供給を想定。顧客獲得には地元自治会(区)などに代理店を依頼し、電気料金の一部を代理店手数料として払うことで、区の収入確保になることなどにも触れた。

 「値下げはありがたいが、区の代理店の事務手続きが負担になるのでは」との出席者の質問に対し、市長は「代理店の事務負担にならないようシンプル化を検討したい」。「事業を始めた後の報告はあるのか」との問いには、「50%以上出資の場合、9月議会に報告しなければならない」などと話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top