【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

餅の配布に長蛇の列−東関部屋延岡合宿

本紙掲載日:2019-12-10
2面
力士たちによる紅白の餅配布には長い列ができた(7日)
体験入門で力士の胸を借りる参加者(8日)

体験入門、榎本実行委員長らが挑戦

 延岡市の西階運動公園特設会場で行われている大相撲東関部屋(東関大五郎親方)の延岡合宿も終盤。7日は餅の配布と人気のちゃんこ鍋販売、8日には恒例の体験入門があり、相撲ファンを楽しませた。

 8日の体験入門には合宿を誘致した榎本雄介実行委員長のほか、6人が参加。厳しい冷え込みの中、まわし姿で土俵に上がり、稽古に汗を流した。股割り、四股、すり足で体を温めた後、まずは力士の稽古を見学。ぶつかり稽古では、若手力士が先輩力士から転がされては何度も立ち上がって突進。へとへとになっても先輩を土俵から出すまで終わらず、観客もはらはら。力を振り絞って押し出すと、土俵の周囲からは拍手が沸いた。

 入門体験者も力士の胸を借りたり、体験者同士で勝ち抜き戦と相撲の厳しさと魅力を体感していた。終盤には少年野球城山クラブの児童たち約30人も参加。土俵に上がって力士にぶつかっては、その力強さに驚いていた。

 城山クラブの甲斐俊輔主将(延岡小5年)は、「お相撲さんは柔らかくてびくともしなかった。強くてはじき返されました。僕も強くなりたいと思いました」。

 アマチュアキックボクシングに打ち込んでいる緑ケ丘の海汐伊久磨さん(48)は毎年、この体験入門に参加しており、今年で4回目。参加者同士での勝ち抜き戦では3勝を挙げて稽古の成果を発揮した。「鍛錬を兼ねて参加しました。四股やすり足は、軸がぶれないトレーニングになるので良かった。来年もぜひ参加したいですね」と笑顔で振り返った。

 東関部屋の延岡合宿は10日が最終日で、午後7時からはエンシティホテル延岡で市民交流パーティーが開かれる。

その他の記事/過去の記事
page-top