【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域の課題、チームで考察

本紙掲載日:2019-12-09
8面
担当する課題の解決に向け、チームで調べ、考えた対策を発表する3年生
生徒の発表を見守る社会人講師。課題の出題やアドバイスなど、半年間学習に携わった

旭中3年生が成果発表−延岡

◆「10年後の世の中と私」テーマに

 延岡市の旭中学校(池野宗宏校長、209人)の3年生がこのほど、5月から総合的な学習の時間などで進めてきた問題発見解決型学習の成果を発表した。「10年後の世の中と私」をテーマに、人口減少社会に直面したふるさと延岡の地域づくりや産業、防災などの課題についてチームで調べ、対策を提案した。

 同学習は、社会人講師が出題する地域課題の解決をチームで考え、その過程で学びを得る実践的学習法。1、2年生時を通じたキャリア教育の集大成として、3年生は社会人を交えた学びを企画。市と市キャリア教育支援センターの協力で行った。中学校の実施は県内でも珍しいという。

 「地域・まちづくり」「農林水産業」「商工業」、「国際化」「福祉」「防災」の6分野に3年生70人をチーム分けし、社会人8人が専門テーマを担当。生徒は講師が出す課題解決に向けた仮説を立て、アドバイスを受けながらチーム一丸で現地訪問や関係者の取材、資料調べなどを行い、対策をまとめた。

 「農林水産業」は、若者に魅力的な水産業を構築するため、魅力を感じる場として「第1次産業の体験学習を行うことが必要」と発表。「商工業」は、ものづくりの魅力を伝えるPR不足として、企業訪問などで作成した延岡鉄工団地のパンフレットを披露し、配布する考えを示した。

 「防災」は、災害発生時に校区内の住民が100%助かるため、「防災講座を開催して正しい知識を伝え、意識を持ってもらいたい」。「地域・まちづくり」は活動を振り返り、「人口流出を防ぐため、延岡の良さや魅力を発信し、残りたいと思わせる紹介の場をつくる」と役割を述べた。

 「国際化」は、多くの外国人に延岡に来てもらうため、魅力などを外国語で表したパンフレットの作成と配布を。「福祉」は、認知症になっても安心して暮らすため、正しい理解を社会に浸透させる大切さを訴えた。

 3年生の中野陽菜実さん(15)は、10年後の延岡が元気であるために、「もっと延岡を知る」「人のつながりを大切にする」「延岡を発信する」が必要と指摘。学習を振り返り、「コミュニケーション力が高まり、挑戦する勇気も湧いた。今後の学習にも生かしたい」と関係者に感謝した。

その他の記事/過去の記事
page-top