【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害に勝つ−日向市の富高小

本紙掲載日:2019-12-09
2面
防災教室で講話する吉田さん

宮城県防災減災アドバイザー・吉田さんが講話

◆通学路の危険箇所もチェック

 日向市の富高小学校(中西浩美校長、494人)で2日、防災教室があり、宮城県防災減災危機管理アドバイザーの吉田亮一さん(62)=YY防災ネット代表=が「災害に勝つ、地震に勝つ」をテーマに講話した。

 吉田さんは、2011年3月の東日本大震災まで、4度の震災を経験。東日本大震災の時には17日間、仙台市の茂庭台中学校指定避難所で責任者を務めた。

 こうした経験を踏まえ、「地震が発生した時にどのような危険があるのか、どうやって身を守るのか」などについて、ユーモアを交えながら分かりやすくアドバイス。児童らは真剣な表情で聞き入った。

 吉田さんは、災害に勝つための基本として、「みんなが助け合い、協力すること」「命の大切さと人を思いやる気持ちを持つこと」などを挙げ、「普段からこれが守れなければ災害に勝つことはできない。きょうから、今から、ここから約束して」と児童に呼び掛けた。

 また、登下校時に地震が発生した際の対処法として、ランドセルのふたをかぶって頭や体を守る方法を指南。寝ている時の安全をどのように確保するかについても説明し、児童の代表が実演するなどした。

 最後に、6年の藤井悠人さんが「災害の恐ろしさを知っていたつもりだけど、話を聞いて改めて災害の恐ろしさを知った。災害から身を守ることの大切さについても知ることができた。防災教室で学んだことを家族に話し、みんなで安全で楽しい生活を送っていきたい」とお礼を述べた。

 防災教室に先立ち、吉田さんは登校時間に合わせ、児童らと一緒に通学路を歩いて危険箇所などをチェックした。また、前日は市主催の防災講演会で講師を務め、「地域防災とは〜東日本大震災、あの日あの時〜」をテーマに、災害への危機感を持つことや想定以上の備えの大切さを説いた。

 講演などで各地を訪れている吉田さんは、訪問先の学校などに自ら連絡を取り、防災講話などを行っている。この日は同様の講話を、財光寺小学校でも開いた。

その他の記事/過去の記事
page-top