【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ヤマハ、初の延岡合宿−ラグビー

本紙掲載日:2019-12-09
3面
ブランドポークの目録を受け取る大戸主将や堀川監督(前列左)ら
市民からハイタッチを受けて会場入りする選手ら(延岡市の西階陸上競技場)

宮崎空港、西階ファンで出迎え

◆堀川監督「かつてない厳しい合宿に」

 初の延岡キャンプを実施するラグビートップリーグ「ヤマハ発動機ジュビロ」の選手たちが8日、合宿地の延岡市入り。宮崎空港や西階陸上競技場で歓迎を受け、堀川隆延監督兼GM(延岡市出身)は「ヤマハがかつて経験したことがない、日本代表にも負けない厳しい(練習内容の)合宿になる」と意気込みを語った。

 延岡合宿は9日から13日までの5日間。今年2月に堀川監督や選手たちが延岡市で子どもたちを対象にしたラグビー教室を実施。その際、陸上競技場の芝や食事面、受け入れ態勢を堀川監督から最上の評価を受けたことが合宿につながった。

 宮崎ブーゲンビリア空港では、県商工観光労働部の酒匂重久観光経済交流局長、澤野幸司延岡市教育長と多くのファンが出迎え。酒匂局長が「宮崎はW杯で活躍した日本代表、イングランド代表が合宿を張った縁起のいい地。念願のトップリーグ初優勝のため、県も地元延岡とともに応援したい」とあいさつ。宮崎ブランドポーク20キロを差し入れた。

 チームを代表し、大戸裕矢主将は「温かい歓迎に感謝している。やって良かったと思える素晴らしい合宿にしたい」と抱負を語った。

 ヤマハは日本代表のヘル・ウヴェ選手や元代表の五郎丸歩選手らが所属。2018年トップリーグ3位の強豪(19年はW杯日本大会のため休止)で、来月12日の開幕に備える。

 堀川監督は延岡市出身の46歳。延岡東高―早稲田大―ヤマハのスタンドオフなどで活躍し、引退後もヤマハの監督などを歴任。前シーズンまではヘッドコーチとして清宮克幸前監督とともにトップリーグ上位で争い、清宮監督の退任に伴って監督に復帰。アシスタントコーチとして、大躍進を見せた日本代表にも関わった。

◇8日午後、延岡入り

 ヤマハの選手らは8日午後3時ごろ、大型バス2台でキャンプ地の西階陸上競技場に到着。入り口で出迎えた市民らのハイタッチやサインの求めに応じて会場入りした。初日からさっそく練習を開始し、ストレッチやパス練習など軽めのメニューをこなした。

 トップリーグの選手を間近に見た東海中ラグビー部の河野琢実さん(1年)は「体格が大きく、あのような選手になりたい。もっと強くなるために選手の技を見習いたい」と刺激を受けていた。

その他の記事/過去の記事
page-top