【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

登り窯で焼き上げた約500点−夢境庵

本紙掲載日:2019-12-07
8面
7日から始まった夢境庵の「秋の陶器展」

9日まで秋の陶器展−延岡市北川町

 延岡市北川町上赤の陶房「夢境庵」(小野恵一朗窯元)の「秋の陶器展」が、7日から同所で始まった。9日まで。時間は午前10時から午後4時。入場無料。

 まきを燃料とする登り窯でじっくりと3日間かけて焼き上げ、1日に窯出しした作品を中心に展示販売。いつまでも使えるような食器作りを目標に、織部調に絵付けした皿やカップ、飯わん、小鉢、どんぶり、グラタン皿など、正月に合わせて「少し派手めに作った」という約500点が並ぶ。

 早朝から2人で訪れた門川町の請関ゆりさん、日向市の松尾眞裕美さんは「小野さんの陶器は女性的な繊細さがあり、柔らかみもあって手によくなじむ。食材や飲み物が映えて豊かな気持ちになる」とにっこり。小野さんは「料理の味は器で変わる。器も重視して、見て楽しむ感覚を大事にしてくれれば」と話している。

 陶器展は春と秋の年2回開催。期間中は、購入者を対象に軽食サービスやくじコーナーもある。場所は延岡市から国道326号を西進し、大分県境(佐伯市宇目町)にある桑の原トンネルの手前を左折。

その他の記事/過去の記事
page-top