【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

やなせさん、法話コンサート

本紙掲載日:2019-12-07
2面
講演するやなせななさん

成道会講演会命の尊さ訴え−延岡市仏教会

 お釈迦(しゃか)さまが悟りを開いた日を祝う「成道会(じょうどうえ)」(12月8日)を前に、延岡市仏教会(野中玄雄会長)は4日、延岡総合文化センターで成道会講演会を開いた。各宗派の檀(だん)信徒、門徒、市民ら550人が来場。奈良県の浄土真宗本願寺派教恩寺住職でシンガー・ソングライターのやなせななさんによる法話コンサートに耳を傾けた。県仏教連合会協賛。

 この日は、はじめに成道会法要があり、ステージに設けられた祭壇に向かい、野中会長らが読経。来場者も般若心経などを唱え、先祖や故人をしのび、家族の健康などを祈願して座席で静かに手を合わせた。

 野中会長は、成道会はお釈迦さまの教えに耳を傾ける日と紹介し、「仏教は、周りの人と仲良く、人生をしっかりと生き抜くための教え。法話を心の糧として、若い心、幸せな心、思いやりの心で満たしてください」とあいさつした。

 講師のやなせさんは、30歳で子宮体がんに罹患(りかん)。講演では、子宮と卵巣を摘出し病気を克服した経験を踏まえ、「自分と同じ苦しみを持ち、理解して涙してくれる人が身近にいた。誰もが一生懸命に生きている。人は一人では生きられない。支え合うことで、苦しみが優しさに変わる。その優しさを仏というかもしれない」と語った。

そのほか、幼少期の祖母との思い出から学んだ仏教との関わりなどを、イラストレーターみよこみよこさん(延岡市在住)のイラストをスクリーンに映しながら紹介した。講演中、「夕焼け小焼け」や「故郷(ふるさと)」などの童謡も披露。また、自身の体験から生まれた命の尊さを訴えるオリジナル曲も歌い、透明感のある歌声を会場いっぱいに響かせた。


延岡市仏教会の成道会法要
その他の記事/過去の記事
page-top