【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

首里城再建支援したい

本紙掲載日:2019-12-05
3面
首里城の早期再建を願い募金活動を行う西階中2年生

西階中2年生が募金活動


 10月の火災で正殿など主要建造物を失った沖縄県那覇市の首里城の早期再建を願って、延岡市の西階中学校2年生11人が1日、校区内のマルイチ大貫店で支援への協力を呼び掛ける募金活動を行った。

 同校2年生は8〜10日、修学旅行で沖縄を訪問。当初は、ひめゆりの塔をはじめ、首里城も巡る予定だったが、火災で首里城が消失したためコースを変更した。楽しみにしていた生徒も多く、「何か貢献できないか」と議題に上り「募金活動をやってみては」との案を採用。希望者による募金活動につながった。

 この日は、「首里城への募金活動を行っています」と書かれた大きなボードや募金箱を持った生徒が出入り口の両脇に分かれて立ち、大きな声で「ご協力をお願いします」と来店客に呼び掛けた。

 「頑張ってね」と声を掛け笑顔でお金を入れる来店者や母親からお金をもらい優しく入れる幼児など多くの来店者が協力した。募金してもらうと生徒は「ありがとうございます」と笑顔でお礼を述べた。集まった寄付金は、那覇市役所に全額届けるという。

 募金活動に参加した田中佑実さんは「少しでも復興に役立ちたかった。美しい首里城を早く見たい」、謀塚攅瓩気鵑蓮岾擇靴澆砲靴討い燭、行けなくなって残念。早く再建してほしい」、渡邊成美さんは「協力していただいた人が多くて、やりがいがあってうれしかった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top