【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子どもの虐待防止を

本紙掲載日:2019-12-05
3面
ゴールテープを切る最終ランナーたち
「子ども虐待防止オレンジリボンたすきリレーinみやざき2019」の参加者

オレンジリボンたすきリレー

◆西都―日向、延岡−日向・2コースを走り訴え

 「子ども虐待防止オレンジリボンたすきリレーinみやざき2019」が11月30日、児童福祉関係の行政や関係機関の担当者、小中学、高校生を含む有志ボランティアら約160人が参加して行われた。児童福祉の父・石井十次ゆかりの西都市―日向市間と、延岡市―日向市間の2コースを走ってたすきをつなぎ、子どもの虐待防止などを訴えた。

 子どもの虐待を防ぎ、明るい子育て・家庭環境を実現するための啓発活動として、行政や関係機関でつくる実行委員会が主催し、九州初の取り組みとして2013年から続けており7回目。

 一行は西都市の石井十次の墓で出発式を行い、午前10時すぎにスタート。木城町、高鍋町、川南町、都農町、日向市の行程52・5キロのAコースと、午後1時に延岡市をスタート、門川町、日向市を通る行程24・2キロのBコースの各中継場所ごとに、黒色のTシャツを着たランナーたちがシンボルカラーのオレンジ色のたすきをつないだ。

 途中、沿道の観光施設や店舗に立ち寄り、啓発チラシやグッズを配る街頭キャンペーンも併せて行った。

 ゴール地点となる日向市日知屋のイオン日向店駐車場では、午後4時20分ごろに最終ランナーを務めた十屋幸平日向市長ほか二十数人が、お互いの手を取り合いながらゴールテープを切り、ランナーやスタッフらの協力によるリレー完走を喜び合った。

 閉会式で十屋市長は「地道な活動を皆さんたちと一緒に続けることで、一人でも多くの子どもたちが虐待に遭わないように、本市としても全力を挙げて取り組みたい」とあいさつ。県福祉保健部の渡辺善敬部長は「初めて参加したが素晴らしい取り組み。一番大切な連携の証しであり、県下に広がってほしい」と期待を寄せた。

 実行委員長で、県総合政策部情報政策課課長補佐の東原擁慈さん(54)=同市比良町=は「児童虐待をなくすためには、多くの人々がつながって支援することが必要。このたすきリレーを続けることで、支援の輪がより大きくなることを期待したい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top