【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

感謝を込めてすす払い

本紙掲載日:2019-12-03
3面
約120人が参加したJR日向市駅のすす払い(1日)
イベントを盛り上げた日向高、富島高、延岡高各校吹奏楽部の合同演奏(日向市提供)
JR日向市駅前を彩るイルミネーション(日向市提供)

日向市のイベント連絡協議会

◆にぎわいの拠点−JR日向駅

 日向市中心市街地イベント連絡協議会(是澤利保会長)は1日、日ごろから利用するJR日向市駅に感謝の気持ちを込め、「すす払い」を行った。今年で3回目。

 同協議会には中心市街地でイベントを開く日向ひょっとこ夏祭り、日向十五夜祭、まちなかハロウィンなど15団体が所属。この日は同協議会のメンバーや幼稚園児から高校生までのボランティア、一般市民など事前に申し込んだ約120人が集まった。

 参加者は同協議会が用意した長さ約4〜6メートルのささ竹50本を使い、中央コンコースの天井や駅構内、高架下などでほこりを払った。駅構内外の窓も丁寧に拭き上げてピカピカにした。作業後には温かいぜんざいが振る舞われ、お互いの交流も深めた。

 是澤会長は「多くの市民も利用するにぎわいの拠点。参加することで感謝の気持ちを育んでもらい、日向市に愛着を持ってもらうとうれしい。今後もより多くの市民に参加してもらい、範囲を広げていければ」と話した。

 この日の夕方はまた、日向市観光協会が主催する恒例の「歩きたくなる街〜ひむかの杜(もり)イルミネーション〜」の点灯式もあり、3万球のLEDライトが色とりどりに輝いて駅前交流広場などを彩った。

 上町保育所の園児による歌や日向、富島、延岡高校吹奏楽部の合同演奏、富島高校生活文化科によるファッションショーなどもあり、訪れた人たちを喜ばせた。イルミネーションの点灯期間は来年2月1日まで。

 期間中の8日までは、巨大プロジェクションマッピング「HyugaNewWaves」(ケーブルメディアワイワイ主催)もある。「ひょっとこイリュージョンナイト」と「へべすサーファー」の2種類。午後6〜9時までで、1時間に3回の上映を予定。

その他の記事/過去の記事
page-top