【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

デイリー健康大学日向会場

本紙掲載日:2019-12-02
8面
病児保育と子育て支援について語る鈴木章平院長と参加者

お倉が浜kidsクリニック・鈴木院長が講話

◆子ども医療の特徴など解説

 公益財団法人デイリー福祉事業団(松下勝文代表理事、夕刊デイリー新聞社内)の第26期デイリー「健康大学」日向会場第4回講座はこのほど、市文化交流センターであった。お倉が浜kidsクリニック(日向市財光寺)の鈴木章平院長が「子育て支援と病児保育」と題し、子ども医療の特徴や病児保育などについて解説した。

 はじめに、子どもの医療の特徴について、/芭鼎任亙貎討箸硫駭辰非常に重要年齢、月齢、日齢によって病気の重症度が異なる0歳児は重症化しやすいど袖い諒儔修早いデの高さと重症度は関係ないΥ鏡症が非常に多い――を挙げた。

 熱の高さと重症度については、「発熱は、大人も子どもも共通の、病原菌と闘う自然な反応。熱の高さと重症度とは全く関係ない。むしろ熱が出ている原因が大事。生後3カ月未満の乳児は発熱だけでも注意しなければならない。解熱剤は使い方が非常に大事」などと指摘した。

 病児保育については「子どもが病気をした際、一般の保育所では保育できない児童を、就労や疾病などで子の看病ができない保護者に代わって保育士や看護士、小児科医などの専門家集団が一時的に保育・看護すること」と定義。

 病児保育の歴史や規定する法律、形態、国内や県内外の実態、一般的な課題などに触れつつ、自身のクリニックでの取り組みや病児保育室の利用実績などを、開業以来(2018年10月〜2019年7月までの開室日194日)のデータを基に紹介した。

 感染制御が専門の立場から、「全て個室、子どもと保育士1対1で対応し、きょうだいや同一疾患、同一症状の場合には同部屋で対応。全国的にもかなり充実していると思う。国や県が定めているのは子ども3人に対し保育士1人。もちろん私が常駐しているので、朝夕、複数回診察している」と感染防止への対応を強調した。

 また、「寝ている時の呼吸状態こそしっかり診なければならない」とした上で、「寝ている時の呼吸がどうなっているのか、5〜10分置きに呼吸数を記録するようにしている」などと語った。

 この日は第26期の修了証授与式もあり、代表の村中栄一さん(65)=同市迎洋園=に夕刊デイリー新聞社日向支社の首藤亮一支社長から修了証が手渡された。

 村中さん以外の修了者は次の通り。

太田真知子(門川町)小出時子(日向市細島)小出義弘(同)島村たつ子(同市日知屋)田中利幸(同市江良町)田村ハマ子(同市都町)中野富貴子(同市財光寺)御手洗希世子(同市富高)

その他の記事/過去の記事
page-top