【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

キサヌキ(延岡)が新工場

本紙掲載日:2019-12-02
6面

別注家具の〃中量〃生産体制を確立−木佐貫社長インタビュー

◆ワンチームで業界トップへ

 延岡市粟野名町の家具装備品製造業「キサヌキ」は、このほど新工場を建設。半世紀を超える歴史の中で受け継いできた職人の卓越した技術力と、最先端の機械を融合させた生産システムで、業界のトップランナーとして走り続けている。同社の製品は世界の高級有名ブランド店などで使われ、納入先は全て市外。〃外貨〃を稼ぎながら地元業者との取引を優先する独自の取り組みで、地元経済にも貢献する。同社の木佐貫浩司社長(56)に、現在の取り組みと今後のビジョンなどを聞いた。

−−御社の簡単な紹介を。

当社は昭和41(1966)年に延岡市無鹿町の長屋で私の父が「木佐貫陳列家具製作所」を創業したのが始まりです。10年後に現在地に移転しました。
平成4年には社名を「木佐貫製作所」に。
その後、時代やニーズに合わせて進化していく中で、当社が行う事業も新たな展開を迎えていると考え、創業50周年を機に現在の社名にしました。

−−事業概要を教えてください。

店舗の企画や設計、施工、管理。別注家具、取り付け家具、ガラス陳列ケースの製造。塗装、照明、サイン工事などを行っています。
設計から施工まで一貫して行えるのが当社の強みで、こうした体制を確立していることで、お客さまのニーズにより応えられるだけでなく、完成精度の高い製品を作ることができ、納期を短縮できます。

◇ベトナムに会社を設立

−−外国人技能実習生を受け入れています。

4年ほど前から、ベトナムから技能実習生を受け入れています。現在12人が、高い志を持ち、技術の習得に励んでいます。国際貢献という観点はもちろんですが、彼らの仕事に対する姿勢や熱意が、社内に良い風を吹き込んでくれ、業績向上にもつながっています。
正直、親になった気持ちで接しています。
私が大切だと考えているのは母国に帰った後です。せっかく当社で技術の習得をして、頑張った彼らが活躍できる受け皿をつくりたいと思い、このほど、ベトナムのホーチミンに会社をつくりました。
東南アジアと日本の懸け橋になれればと思っています。

−−小、中学校に技能士を派遣する活動も行っています。

県北技能士会をつくって、木工の技能を体験してもらう活動を行っています。最近の子どもさんは、私たちの時に比べると木に触れることが少なくなっていますので、意義のある活動だと思って定期的に続けています。技能士も、子どもたちに教えるために、日頃の仕事を見直していろいろと工夫することで、それぞれのレベルアップにつながっているようです。
先日、体験教室に参加した児童からお礼の手紙をもらい、「将来、自分も木工の仕事がしたい」と書いてあるのを読んで、技能士も感激していました。

◇県外有名店のショーケースを多数製作

−−御社の製品はその多くが、有名店などで使われています。

当社が製造している製品のほとんどが県外で使われています。自分が作った製品がどのように使われているか、どれだけ役に立っているかを知らない職人もいました。それを自分の目で見てもらいたくて、全社員で東京に行きました。
銀座の百貨店の1階にある有名高級ブランド店のショーケースは当社が製作しました。それを目を輝かせながら見ていた職人の姿を見て、連れてきて良かったと思いました。
この日は、ほかにも周辺の店舗で当社の製品を使っている店舗をいくつか見て、リポートを提出してもらいました。普段は日報を3行ぐらいしか書かない社員も、長文のリポートを提出してくれました。リポートには「自分の存在意義を確認できた」や「こんなすごい所で使われていて感激した」などが書かれていて、大変良い刺激になったようです。

−−このたび、新工場を建設されました。

新工場を建設した一番の理由は、別注家具の中量生産ができる体制を整えたいと考えたからです。
国内では自社の既製家具を大量生産している企業はありますが、別注家具は少量生産が限度と言われ、中量生産の体制が整っている企業はおそらく日本にはありません。その市場は中国に集中しています。
それを日本の先駆けとして、やりたいと考えています。
幸い当社では次代を担う職人も育ってくれており、さまざまな観点から総合的に判断した上で、〃これならいける〃と考え、新工場建設を決断しました。
新工場には充実した最新設備を導入し、正確かつスピーディーな生産体制も確立しています。細かな部分は職人の手加工技術を生かし、最先端の機器と職人の技術を融合させた万全の体制で目標に向かっていきたいと思います。

その他の記事/過去の記事
page-top