【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡商流通経済部−県最優秀賞・九州優秀賞

本紙掲載日:2019-11-14
1面
全国大会に出場する延岡商業高校流通経済部
販売経験で会計の確認をする部員(9月8日、延岡市北浦町のきたうらら)

全国大会へ

◆ウェブ活用−商店街活性化を実践研究

 延岡商業高校流通経済部(安藤穂乃圭部長、藤岡裕巳顧問、6人)は、19、20日に埼玉県さいたま市である「第27回全国高等学校生徒商業研究発表大会」に出場する。「全国大会でも入賞したい」と意気込んでいる。

 大会の主催は全国商業高等学校長協会。商業に関する調査研究や実践活動を、研究報告書とステージでの12分間にまとめて発表。研究内容、報告書の完成度、研究発表、総合評価で審査される。

 7月の県大会で最優秀賞を収め、8月に宮崎市であった九州大会に出場。見事、優秀賞を受賞して全国大会の出場権を獲得した。

 「地域貢献」を活動テーマに位置付けている同部は、商店街の実態調査を通して「個店の魅力向上」に着目。勉強していることを生かせないかと活動。大会では、「売上に貢献できるのか?〜集客アップ大作戦〜」というテーマで、同校独自のグルメを扱うホームページ「まなぐる」に取り組み、同市の商店街「山下新天街」の活性化を目指したイベントの企画、実践などについて発表した。

 「まなぐる」の運営に当たっては、掲載店舗の抽出から交渉、取材活動と記事作成まで全てを経験。魅力的なウェブページを作ろうと、ウェブページ作成や写真の専門家に依頼して講習を受けるなど、細部までこだわった。

 始めた頃はアポイントなしで訪問するなど、準備不足で交渉にたどり着かないこともあったが、その都度、部員同士で反省を重ねて改善。現在は13店舗を掲載している。

 また、商店街の個店に足を運んでもらう導線作りをしようと、イベントを企画。実行するために道路使用許可の申請、原価計算、告知のためのチラシ作成と配布、協賛企業探しなど、多くの経験を積んだ。さらに、活動内容を多くの人に知ってもらおうと、ツイッターやインスタグラムなどのSNSを活用し、普段から情報を発信している。

 こうした活動を通して得たさまざまな経験は、部活以外の場面でも効果的に発揮された様子。3年生の安藤部長と児玉愛菜さんは就職活動を振り返り、「まなぐるを通した交渉で学んだ言葉遣い、マナーなどが面接の場面でも生きた」と話す。

 好成績の背景には藤岡顧問との信頼関係もある。「先生の存在は大きい。私たちの目線に立って接してくれる」と声をそろえる。安藤部長も「以前はできるかできないかを考えていたが、今ではとにかく発言するようになった。自分たちがやりたいことを考え、行動に移せるようになった」と話す。

 全国大会出場決定後も、準備と並行しながら新たな活動を積極的に行ってきた。9月には「まなぐる」掲載店である「サラン」(同市栄町)の出張店舗で、数回にわたり販売経験をさせてもらうなど活動を進めてきた。全国大会では、これらの活動で学んだことも加えて発表する予定だ。

 大舞台に向け、部員は「緊張すると思うが、このメンバーでできるのは最後。みんなで楽しく発表したい。せっかく全国大会に出場できるので、延岡市を全国に広めたい」と張り切っている。

 藤岡顧問は「やってきたことが皆さんに伝わればいいなと思う。成果が出せるとうれしいが、他県の学校の発表を見る機会でもあるので、いろんな刺激を受けてほしい」と話した。

 部員は次の通り。

安藤穂乃圭(流通経済科3年)、児玉愛菜(同)、甲斐歩夢(会計科2年)、高田優希菜(商業科1年)、荒木春菜(流通経済科1年)、倉田沙希(同)

その他の記事/過去の記事
page-top