【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ラグビーW杯を“体感”

本紙掲載日:2019-11-13
3面
ラグビーW杯日本大会でマッチボールデリバリーキッズを務める兒玉君(保護者提供)

東海東小6・兒玉君、選手と一緒に入場

◆熊本市の仏対トンガ戦−九州で2人、応募し選ばれる

 世界中が熱狂した「ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会」で、貴重な体験をした小学生が延岡市にいる。東海東小6年の兒玉爽君だ。大会のスポンサー企業が実施した「マッチボールデリバリーキッズ」に選ばれ、実際の試合で試合球を持って選手と一緒に入場した。選手を間近に感じた兒玉君は「体の大きさにビックリしたし、息づかいなども聞こえてきた。W杯に関われてすごく幸せ」と話している。

 大会は9月20日〜11月2日、国内各地で計48試合が行われ、開催国の日本が史上初の8強入りを果たすなど大盛況のまま幕を閉じた。兒玉君は10月6日に熊本市で行われた予選プールCのフランス対トンガ戦で大役を果たした。

 マッチボールデリバリーキッズは、大会のオフィシャル・ロジクティクス・パートナーを務めた輸送・物流業「DHLジャパン」が小中学生を対象に定員20人で募集した事業。「ラグビーについての作文」などで選考した。

 小学3年生の頃から延岡少年ラグビースクールに通う兒玉君は「こんな機会はもうない。一生に1度になる。選手と同じ所に立ちたい」と応募し、1152通の中から見事当選。九州で2人、県内では1人だった。日程は同社が指定した。

 当日はリハーサルを行った後に本番を迎えた。約3万人の観客が見守る中、兒玉君は両チームの選手を先導するようにして入場。グラウンド中央に整列して両国歌を聴き、レフェリーにボールを手渡した。

 本来ならここで退場の予定だったが、レフェリーの計らいでトンガ代表の試合前の舞踏「シピタウ」も目の前で〃体感〃することができ、「予想よりもはるかにお客さんが多く、緊張で足がガタガタと震えた。シピタウは鳥肌が立った」と兒玉君。役目を終えた後は用意された席で試合を観戦し、「トライした瞬間の選手や観客の盛り上がりはすごく興奮した」と振り返った。

 ラグビー選手になるのが夢という兒玉君は「今回当選したのは奇跡ではなく、今後の僕のラグビー人生につながっているから選ばれたと思っている。日本代表になってW杯に出たい」と目を輝かせていた。

 兒玉君が所属する「延岡少年ラグビースクール」は毎週水・日曜日に練習している。水曜日は午後5時から妙田公園、日曜日は午前9時30分から大武グラウンド。

その他の記事/過去の記事
page-top