【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市が独自支援策

本紙掲載日:2019-11-12
1面

台風、竜巻被災−復旧費の一部を助成

◆補正予算9229万円・市議会臨時会に提案へ

 延岡市の読谷山洋司市長は11日、9月の台風17号に伴う竜巻で被災した家屋に対し、復旧費用の一部を助成する市独自の支援策を発表した。補正予算9229万円を計上し、18日開会の市議会臨時会に提案する。

 市の調査によると、住宅523戸、農業用ハウス23棟が被災し、その後の豪雨で被災家屋への被害はさらに拡大。市は国に住宅再建などで支援を求めてきたが、災害救助法の対象外となったため、独自の支援策を打ち出す方向で調整を続けてきた。

 被災家屋への支援では、屋根等修繕緊急支援事業に5142万円を計上。被災家屋に対する復旧費用の一部を助成する。市は家屋調査をした一部損壊の523件を想定しており、助成額は30万円を限度に工事費の2割までを助成する。既に補修に着手している世帯を含む。

 支援ではまた、災害時安心基金支援金に185万円を計上した。竜巻や9月の豪雨で住宅に被害を受けた被災者の生活支援のため、公益財団法人宮崎県市町村振興協会の災害時安心基金から交付される支援金を被害状況に応じて支給する。予算の内訳は、大規模半壊世帯が3世帯(ともに竜巻被災)で計45万円、半壊世帯が14世帯(うち竜巻被災9世帯)で計140万円。

 木造住宅耐震化促進事業には1800万円を計上。竜巻で被災した家屋について、復旧と併せて耐震性を向上させるために改修をする場合、その費用の一部を助成する。助成額は、100万円を上限に改修工事の8割までを助成する。市は18件を想定している。既に改修に着手した世帯を含む。

 被災農業用施設への支援では、農業経営体育成支援事業に2101万円を計上した。台風17号による災害が激甚災害に指定されたことを受け、国の「強い農業・担い手づくり総合支援交付金(被災農業者支援型)」を活用。竜巻で被災した3経営体のガラスハウスや加温機など8施設、2付帯設備に対し、復旧費用の一部を国費に加え、市費を上乗せして助成する。助成内容は国県費を含めて復旧費用の10分の5以内。

 市はまた、市内中小企業者に対する支援も計画。竜巻で被害を受けた市内の中小企業などが災害復旧のために県中小企業融資制度「事業継承・経営支援・災害対策貸付」(災害対策)の融資を受けた場合に、当該の融資にかかる保証料の全額と、利子の一部を助成する方針。予算計上は融資額が確定した段階で議会に提案するという。

 会見で読谷山洋司市長は「被災された方々に一日も早い復旧の方向性、市としての公的支援の方向性を示すことで、復旧を促進することになれば」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top