【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ミャンマーから公使ら−中学校で生徒と交流

本紙掲載日:2019-11-12
2面
ミャンマー公使らを前に御神楽を披露する生徒

東京オリパラホストタウン

 ミャンマー大使館のキン・ニラー・ソゥ公使が12日までの3日間、来年の東京五輪・パラリンピックのホストタウンとなっている延岡市を訪れた。11日は北浦中学校、南中学校を訪問、総合学習の講師として講話したほか、生徒たちと交流を深めた。

 このうち、北浦中学校(川島正寛校長、55人)では、生徒たちが大漁旗などで作られた法被、浴衣を身に着け、公使らを体育館で出迎えた。

 川島校長のあいさつに続き、この日のために1カ月前から準備を進めてきたという「ミャンマーおもてなし隊」の木下百果部長が「訪問を楽しみにしていました。美しい北浦の町を紹介します。楽しんでください」と英語で歓迎の言葉を伝えた。

 生徒は日本流のおもてなしとして、公使らに地元のお茶を提供。ステージのスクリーンを使いながら日本茶の歴史、日本とミャンマーのお茶の違い、北浦の茶畑、茶摘みの様子などを英語で紹介した。

 続いて、公使がミャンマーの国や都市、学校での生活、学習する科目などを説明し、「日本の学生は自分のことを自分でするが、ミャンマーでは両親がするので本当に感心します」。文化や祭り、遺跡などについても解説し、「学校が休みになったらミャンマーを訪れてください」と呼び掛けた。

 この後、生徒たちは威勢の良い掛け声と息の合ったソーラン節や御神楽(みかぐら)も披露。公使らはその様子を熱心に見入っていた。

 公使らは10日に来延し、第23回城山かぐらまつりを見学したほか、この日はイオン延岡店で開かれている「延岡・ミャンマー交流パネル展」も視察した。

その他の記事/過去の記事
page-top