【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

組み立て簡単、スクエアパネル

本紙掲載日:2019-11-05
6面
作業を体験する日向工業高校建築科1年生

空間施工や防災学ぶ−日向工業高

 日向工業高校(倉岡正校長)の建築科1年生39人を対象にした県産材木質空間施工実習が10月21日、日向市平岩の同校で行われた。同市民公益活動団体「コンパス」代表で同校OBの海野光弘さん(56)=海野建設代表取締役=を講師に迎えた。

 建築資材に利用価値の高い「スクエアパネル」を使った防災ベッドやテーブル、バスシェルターの組み立て、解体などを通して、建築技術を身に付けるだけでなく、防災や環境について学んだ。

 スクエアパネルは、海野代表が考案し実用新案登録取得済みの建築資材正方形木製パネル。地震などの災害時に仮設住宅、ベッド、テーブルなどとして簡単に組み立てることができる。

 生徒たちは4班に分かれ、海野さんらの指導で作業を体験した。座学で理解を深めた後、バスシェルターなどを組み立て、解体して、建築金物やレンチなど道具の使い方を実践した。

 生徒の西田勇澄=はやと=さん(16)は「現場では仲間との絆、チームワークが大切だということが分かった。作業にはリーダーが必要で、みんなが一致団結して行動することで、安全や効率化が図れるのだと思った」と感想を述べた。

 海野さんは「まずは、作業に当たり何が危険なのか、安全について学んでほしかった。授業ではなかなか空間の勉強まではできない。組み立てることで実際の空間への認識を深められたのでは」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top