【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県北からJリーグを−FC延岡AGATA

本紙掲載日:2019-11-05
1面
「県北からJリーグを目指す」と宣言するFC延岡AGATAの桑原社長(左から2番目)ら

目標は2023年

◆30キロ圏内に20万人、地域と一体になれば

 延岡市を拠点にサッカークラブを運営する「FC延岡AGATA(あがた)」(桑原英一社長)は4日、同市内で記者会見し、「県北からJリーグを目指す」と宣言した。来年は県内外から高卒と大学卒の選手5人を獲得する計画。スポンサー企業もすでに約60社集まっており、目標とする2023年までのJ3入りに向けて本格稼働する。(3面に関連記事)

 運営するサッカークラブ「九保大エルフAGATA」は九州保健福祉大学の学生を主体に構成し、メンバー14人で活動する。現在は県サッカーリーグ2部に所属。今シーズンは5戦連勝と好調で、1部昇格も視野に入っている。

 今後に向けてFC延岡AGATAは、川崎フロンターレやサガン鳥栖で監督を務めた松本育夫氏(日本サッカー協会後援会理事長)をテクニカルアドバイザーに迎えて体制を強化。介護業などの傍らで選手としてプレーする人材の獲得を進めている。

 Jリーグ入会には県リーグから九州リーグ、アマチュア最高峰のJFLを経て、J3へと続く。J3への入会には成績のほかにも、Jリーグが認定する「百年構想クラブ」であることなど一定の条件を満たす必要がある。

 楽なハードルではないが、FC延岡AGATAは21年に九州サッカーリーグ、22年にJFL入りが目標。桑原社長は「延岡市を中心に30キロ圏内で20万人がおり、十分に興業として成り立つと思っている。地域と一体となって盛り上げたい」と意気込んだ。

 同大学サッカー部総監督でAGATA強化部長の山本順之さんは「市民の支えが大きくなっていけばJリーグも夢ではない」と話した。(3面に関連記事)

その他の記事/過去の記事
page-top