【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

川に転落した男性を救助

本紙掲載日:2019-11-04
3面
感謝状を受けた(中央3人、左から)水元さん、岩木さん、西尾さんの妻恵美さん

水難事故防止対策協、3人に感謝状−日向市

 日向市水難事故防止対策協議会(会長・十屋幸平市長)は10月30日、日向市内の河川に転落した男性を救助した日向市日知屋の水元育美さん(49)=介護福祉士=、同市山下町の岩木浩二さん(74)=無職=、同市比良町の西尾博さん(63)=無職=3人に感謝状を贈呈した。

 河川に転落したのは市内居住の男性(78)。7月23日午後5時50分ごろ、同市比良町5丁目付近にある縁開橋の欄干から塩見川に転落。通りかかった通行人が見つけた。

 帰宅中だった西尾さんと散歩中だった岩木さんも男性に気づき、西尾さんはすぐさま川の中へ。岩木さんは通行中の人に知らせ、119番通報を呼び掛けた。近くにいた水元さんがこの騒ぎに気づいて通報した。

 その後、西尾さんが岸付近まで運んだ男性を、岩木さんと水元さんも加わって、3人で岸へと引き上げた。

 同協議会では、3人の連携した勇気ある迅速な行動がなければ男性の救命は不可能な事案であったとし、感謝状の贈呈を決めた。

 市役所で行われた贈呈式で十屋市長は「素晴らしい尽力で尊い命が救われました」と感謝し、水元さんと岩木さん、西尾さんの代理として訪れた妻の恵美さん(63)に賞状を手渡した。

 「70歳を過ぎると1人じゃどうもならん。助けが必要だった」と岩木さん。救助をしながら電話で救急隊に場所や男性の容体を伝えた水元さんは「気は動転していたけど、救急法の講習を何度か受けていたので、無意識に生かすことができたのかも」と振り返った。

 恵美さんは「旦那は困った人がいたらすぐに駆け付けるような優しい人。すぐに行動に移したのだと思う。(男性が)助かって良かった」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top