【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

エコパーク事務局と協議を

本紙掲載日:2019-10-30
3面

日之影の風力発電

◆予定地は「移行地域」−県が事業者に通知

 河野知事は28日、日之影町の山中に計画されている風力発電所建設に関し、環境保全の見地からの意見を事業者のエルゴジャパンエナジー(東京都)に通知した。事業実施想定区域が祖母・傾・大崩ユネスコエコパークの「移行地域」に該当しているため、同推進協議会事務局と協議することなどとし、できない場合は計画の見直しを求めた。

 同社は現在、延岡市と美郷町、諸塚村と接する町境付近の町有林と民有林に、最大14基の風力発電機(風車)を設置したい考え。風車の高さは羽根を含め130〜155メートル前後、1基当たり2350〜4200キロワット出力で、14基での最大出力は計5万8800キロワットという。

 知事意見は、10月10日に計画段階環境配慮書(配慮書)を審査した県環境影響評価専門委の答申を受けて作成。エコパークの認定は10年ごとに検討されることとなっているため、対象地域に影響が出ないよう推進事務局と協議するよう求めた。

 また、高千穂郷・椎葉山地域は世界農業遺産に認定され、五ケ瀬川、五十鈴川、耳川も流れているため、建設や雨水排水対策、除草作業などによる動植物や自然環境への環境影響を回避・提言することも申し添えた。

 その上で、事業計画は地元自治体と緊密に連携し、住民の立場に立った説明会を随時開催して意見を反映するよう要望。事業終了後の施設撤去を、計画の中に文書で位置付けることも念押しした。

 配慮書作成は環境影響評価(環境アセスメント)法の改正で2013年度から導入され、著しい環境影響の恐れがある大規模事業に義務付けられた。事業者は配慮書の内容を次に続く方法書以降の手続きに反映させることで、これまで以上に効果的な環境配慮が期待される。


その他の記事/過去の記事
page-top