【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡の魅力再発見

本紙掲載日:2019-10-30
3面
来年2月にプロ野球キャンプシーズンで販売が決まった「延岡おひさしぶり丼」を開発した大正大学3年の石澤さん

大正大学、実習40日間の成果報告

◆地域密着の駅弁−ぶり丼など販売へ

 延岡市で長期実習中の大正大学(東京都)地域創生学部の学生は25日、延岡市のカルチャープラザのべおかで40日間の実習の集大成となる成果報告会を開いた。学生それぞれが決めたテーマから地域課題の解決策や活性化策を提案。和菓子や弁当が実際に商品化されるなど成果を残した。

 今年で4回目となる地域実習は1年生7人と3年生8人が参加。9月18日から延岡市や日向市、高千穂町で講義や視察、アンケート調査などを行い、学生ならではの視点で地域活性化策を探った。

 報告会は3年生が1人1テーマ、1年生が7人で1テーマで発表。使われていない遊休資源を活用した交通手段の確保や障害者も楽しめるユニバーサルツーリズムなどが提案された。

 このうち、3年の松本菜里沙さんは地域資源をイメージした新たな手土産の開発がテーマ。印象的な延岡の清らかな水をモチーフにすることを決め、幸町の風の菓子「虎彦」(上田耕市代表)と共同で水まんじゅう「祝子(ほうり)んこ珠(たま)しずく」を完成させた。1週間、試験販売した結果、売り切れが続いた。

 コンセプトとパフォーマンスのバランスや顧客視点などの学びがあったといい「多くの方に協力していただいた」と感謝。29日から虎彦で1箱600円(税抜き)で販売との報告もあった。

 一方、地域に密着した「駅弁」に着目した3年の石澤勇気さん。延岡の特産品にチキン南蛮や宮崎牛などがある中で、「魚」を主体に勝負していくことを決め、土々呂町の高橋水産と「延岡おひさしぶり丼」を開発した。ぶり丼に使用する養殖ブリには安定供給や加工のしやすさなどの利点があるという。

 宮崎市の駅弁会社との交渉も成立し、プロスポーツのキャンプシーズンの来年2月にはプロ野球のキャンプ地での販売が決定。「駅弁が盛り上がることで延岡が盛り上がることにつながるのでは」と期待を寄せた。

 また、1年生グループは市民が文化に触れる機会を増やそうと、「のべおかビエンナーレ2020」と名付けたアートイベントを企画。会場となる北浦町の下阿蘇ビーチに、アーティストの作品を展示する。アーティストと住民が協力して作品を作り上げることも考えているという。

 「延岡の資源を再発見し、観光客と住民が交流できる機会ができる」と、来年6月にプレイベント、10月に本イベントの計画が進行中だ。

 実習の受け入れを支援してきた同大学同窓会南九州支部の野中玄雄支部長は「県北地域の活性の一助になるよう、実現性を帯びることを願っている」と話した。

 また、25日には延岡市役所で駅弁「延岡おひさしぶり丼」と水まんじゅう「祝子の珠しずく」の試食会があり、読谷山洋司市長や野中支部長らに提供された。

その他の記事/過去の記事
page-top