【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

51減の49事業所

本紙掲載日:2019-10-19
1面

違法時間外労働、大幅改善

◆月80時間超36、200時間超4事業所−宮崎労働局まとめ

 2018年度に違法な時間外労働が行われたのは県内49事業所で、前年度比51減と大幅に改善したことが、宮崎労働局(大津英喜局長)のまとめで分かった。

 調査は違法性が疑われる137事業所で実施。違法な長時間労働があった事業所は運輸交通業が最多の21、次いで製造業8、商業7など。

 違法な時間外労働があった事業所のうちの73・5%に上る36事業所で過労死ラインとされる月80時間超の時間外・休日労働が確認された。100時間超だった事業所が21、150時間超が8、200時間超も4事業所あった。

 労働時間の管理方法は、自己申告が45と最多で、タイムカードが40、IC・IDカードが14、使用者の現認が9事業所だった。このほか、賃金不払い残業が4、過重労働による健康障害防止措置の未実施が14事業所あった。

 違反があった事業所には労働時間の削減や、長時間労働をした従業員に対する医師の面接を指導した。同局は「今後も長時間労働の是正に向けた取り組みを積極的に行っていく」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top