【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡学園高調理科が活躍

本紙掲載日:2019-10-04
6面
(左から)技術部門の学校対抗で金賞を受賞した延岡学園高校Aチームの山本さん、宮内さん、黒木さん。料理部門で銅賞を受賞した山浦さん
山浦さんが作った「コック・オ・ヴァン・キャベツピューレのゼリー添え」(提供写真)

宮崎の食材を使った料理・実技コンクール

 全日本司厨士(しちゅうし)協会宮崎支部主催の「宮崎の食材を使った料理・実技コンクール」が9月18日、宮崎市のシーガイアコンベンションセンターで開かれた。ジュニア部門で延岡学園高校調理科の生徒が活躍。このうち「学校対抗技術部門」で同校Aチームが金賞、「技術・オムレツの部」で黒木朋果さん、「技術・シャトーの部」で宮内遥香さんがそれぞれ優秀賞、「料理部門」で山浦琉聖さんが銅賞を受賞した。

 同コンクールは、若手料理人の技術の向上や、料理を通して地元食材の魅力を発信することなどを目的に開かれ5回目。対象者の属性による部門分けのほかに、大きくは「料理」と「技術」の2部門に分かれて競う。

 技術部門は「オムレツ」(5分で2個)、ニンジンを楕円(だえん)状に切る「シャトー」(5分で6個)、「魚(タイ)の三枚下ろし」(10分)の3競技があり、それぞれが自分の得意分野にエントリー。3人の合計点で「学校対抗」の順位を競った。

 3年生で組んだAチームは、オムレツに黒木さん、シャトーに宮内さん、魚の三枚下ろしに山本幹太さんが出場。放課後に、実習室や家で練習を重ねて本番に臨んだという3人は、審査員の目の前で練習の成果を披露することに「緊張して手が震えた」と言うが、金賞という結果に「びっくりした。ベストが尽くせたので良かった」と笑顔だった。

 料理部門に出場した山浦さんは「コック・オ・ヴァン・キャベツピューレのゼリー添え」で銅賞を獲得した。「コック・オ・ヴァン」は鶏肉の赤ワイン煮。「付け合わせに特にこだわった」という山浦さんは、「他の人が思いつかないようなことがしたい」と、キャベツピューレでゼリーを作ることに決め、何度も試作したという。結果に「うれしかった」とはにかんだ。

 4人は既に、進学や就職と、来春からの進路が決まっているそうで、これからも技術の向上に励む。

その他の記事/過去の記事
page-top