【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

談話室−25年ぶりの延岡赴任です

本紙掲載日:2019-09-27
3面

あたご整形外科の塩川医師

 「骨をうずめるつもりで来ました。いずれは家族も呼びたいですね」と話すのは、25年ぶりの延岡赴任となる塩川徳医師(52)。9月から愛宕町のあたご整形外科(佐藤信博理事長)で診療にあたっている。

 福岡県飯塚市生まれ。1993年に熊本大学卒業後、研修医として県立延岡病院に2年間勤務。その後は熊本はじめ九州各地の病院で活躍し、2012年から福岡県の鞍手町立病院(現くらて病院)で整形外科部長として腕を振るってきた。来延の理由に「誘ってくれた佐藤理事長の熱意」を挙げ、「長年第一線で活躍されている先生のそばで手術の腕を磨ければ」と意欲は高い。

 野球、剣道、ボートとさまざまなスポーツに親しみ、現在はマラソン一筋。今年2月開催の北九州マラソンを3時間28分で走破する健脚ぶりで、今回の着任と同時に延岡マラソンクラブへの入会も済ませたという。「旭化成の選手はじめ、所属や世代問わずアスリートのケア、手助けにも力を入れていきたいですね」とにっこり。

 あたご整形外科には2017年にスポーツ障害の治療、特に関節鏡手術を専門とする井上篤医師が赴任しており、今回の塩川医師加入で常勤4人体制に。佐藤理事長は「若いオールラウンダーの医師が来てくれたことで、(整形外科の)ほぼすべての診療がカバーできるようになりました」と顔ぶれの充実ぶりに期待を寄せている。

 写真は、9月からあたご整形外科で診療にあたっている塩川医師(右)と同病院の佐藤理事長。

その他の記事/過去の記事
page-top