【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

うそ電話詐欺サイバー犯罪−注意を呼び掛け

本紙掲載日:2019-09-27
2面
第1回の「のべおか暮らし学講座」

のべおか暮らし学講座

◆警察官2人が対策を指南

 生活に役立つ知識や情報を学び、消費者トラブルの未然防止につなげる「のべおか暮らし学講座」が19日、延岡市桜小路の男女共同参画センターであった。市主催で全4回の開催。初回は県警生活安全企画課の巡査部長甲斐美恵さんが講師を務め、うそ電話詐欺(特殊詐欺)やサイバー犯罪の現状と、被害に遭わないための対策などについて話した。

 甲斐さんは、うそ電話詐欺で代表的なオレオレ詐欺、架空請求詐欺、融資保証金詐欺、還付金詐欺などの手口を紹介。2018年の全国の認知件数は1万6500件、被害額は高齢者を中心に約364億円に上る現状を示し、注意を喚起した。

 その対策としては、_搬欧涼罎世韻把未犬觜膰斥佞魴茲瓩覘⊃箸乏个┐里覆い呂きやメールが届いた場合、すぐに書かれている番号に電話をしない振り込め詐欺撃退機能付き電話機や留守番電話機能の活用―を挙げ、「突然の身に覚えのない請求は詐欺の可能性がある。安易に連絡はしないで」と呼び掛けた。

 続いて、延岡警察署生活安全課の池村太樹雄さんが、サイバー犯罪対策の現状について、インターネットやスマートフォンを使った架空請求詐欺や迷惑メールなどの事例を紹介。インターネットは便利な一方で、犯罪に巻き込まれる危険が潜んでいる点を強調した上で、「使い方を誤ると被害者にも加害者にもなる」と指摘した。

 また、不審な電話があった際の対応として、甲斐さんは「すぐに110番か最寄りの警察署、警察相談電話(♯9110)に連絡を」。延岡市男女共同参画推進室の職員は「話の内容でおかしいと思った時は、一度電話を切って家族に相談してほしい」と話していた。

 のべおか暮らし学講座は今回が第1回目。12月19日まで毎月第3木曜日の開催を予定している。問い合わせは市男女共同参画推進室(電話延岡22・7056)。

その他の記事/過去の記事
page-top