【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

平兵衛酢とそよみ酢−手搾り果汁、ぜいたくに

本紙掲載日:2019-09-26
2面
日向特産の平兵衛酢とそよみ酢の果汁が入った「ひなた夫婦甘酒」

かくちゃん農園「ひなたの夫婦甘酒」を販売−日向

 日向市特産の香酸(こうさん)かんきつ「平兵衛酢(平兵衛酢)」を生産する「かくちゃん農園」(黒木覚市代表)は、平兵衛酢とそよみ酢の果汁を使ったノンアルコール飲料「ひなたの夫婦(めおと)甘酒」の販売を始めた。黒木代表は「全て地元産。物語も含め多くの人に楽しみ、味わってほしい」と話している。

 平兵衛酢の原木を見つけた長曽我部平兵衛をたたえる「平兵衛翁之碑」が建立されている同市富高の西川内地区は、平兵衛酢発祥の地として知られ、かぼすに似たかんきつ類の「そよみ酢」も存在している。

 そよみは、平兵衛さんの妻とされる「そよみさん」にちなんで命名。既に商標登録もされ、知る人ぞ知る平兵衛酢の「夫婦ブランド」となっている。

 全国的に平兵衛酢の知名度が上がりつつある中、「そよみ酢も何とか世に出せないものか」と思案していた黒木代表。平兵衛酢の甘酒を造ることを決めていたことから、そよみ酢でも造ることにしたという。

 ひなたの夫婦甘酒は、平兵衛酢とそよみ酢それぞれの果汁50リットルと、地元で収穫された新米のコシヒカリ360キロを、大分県佐伯市の業者に持ち込み製造。果汁は手搾りで、「オール富高産のぜいたくな商品」(黒木代表)に仕上がった。

 平兵衛酢のさっぱりとした味わいと、それよりも酸味が柔らかで甘酸っぱさが特長のそよみ酢が絶妙なハーモニーを醸し、フルーティーな香りと甘酒らしい口当たりが楽しめる。

 すでに、東京や福岡など都市部でも取引されており、人気は上々。県北ではかくちゃん農園のほか、JR日向市駅下のまちの駅「とみたか」や、ステアーズ・オブ・ザ・シー(旧太平洋ドライブイン)で販売中。商品は4種類で500ミリリットル各1080本、180ミリリットル各1500本限定。販売価格は各店舗で異なる。

 かくちゃん農園では、平兵衛酢果汁入り500ミリリットル1100円、同180ミリリットル400円、そよみ酢果汁入り500ミリリットル1080円、同180ミリリットル350円(いずれも税別)で販売している。

 問い合わせは、かくちゃん農園(籠向52・8806)。

その他の記事/過去の記事
page-top