【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

琴恵光関「早い復興を」

本紙掲載日:2019-09-26
3面
交通安全キャンペーングッズを手渡す琴恵光関

竜巻被害の延岡を思いやる

◆県警本部広報特使−交通安全を訴え

 秋の交通安全運動(21〜30日)に合わせて、県警本部は25日、宮崎市のイオンモール宮崎で「秋の交通安全フェスタ」を開いた。今回は交通安全広報特使に延岡市出身の幕内力士琴恵光関を任命。琴恵光関は交通安全をPRしながら、竜巻被害を受けた故郷を「結果で、元気や勇気を分けられたら」と思いやった。

 県警本部は例年、同運動出発式を開くが、今年は琴恵光関が9月場所後に参加できることになり、この日のフェスタという形に変更した。

 郡司行敏副知事が河野知事(県交通安全対策推進本部長)のあいさつを代読。阿部文彦県警本部長が「警察は飲酒など悪質運転の取り締まりを徹底し、関係機関と連携し思いやりのある〃人優先〃の交通社会の実現を」と語った。

 宮崎を意識したという「フェニックス」の図柄が入った青色の着流しで登場した琴恵光関。「力士が相撲のけいこを積み重ねるように、交通事故ゼロに向けて、取り組みを地道に続けていく」と交通安全を宣言した。

 警察音楽隊の演奏の後、琴恵光関らが啓発キャンペーン。啓発のチラシや反射材、琴恵光関グッズのタオルなどを手渡した。

 地元出身の人気力士と触れ合う機会に、訪れた買い物客らはわれ先にと琴恵光関の周囲に。あっという間にキャンペーングッズは配布が終わった。琴恵光関はその後も笑顔で、子どもたちとの写真撮影などに応じていた。


◆自分の相撲を取り切れた−悔しい気持ちを九州に臨む

 琴恵光関は25日、秋の交通安全フェスタ終了後、報道陣の取材に応えた。過去最高位の前頭七枚目で7勝8敗の結果となった9月場所を振り返り、地元九州で開催される11月場所への意欲を語った。

−−交通安全広報特使に任命されました。
一人ひとりが、一つひとつの当たり前のことを見直し日々、交通安全に取り組んでほしい。自分もジムや銭湯に行く際、自転車に乗る機会が多く、暗くなれば電気をつけ、歩行者に気を付けるようにしています。

−−9月場所を振り返って。
負け越しはしましたが、内容的には自分の相撲を取り切れる取組が多く、そんなに落ち込む必要はないと思っています。悔しい気持ちを来場所に向け、また一つずつやっていくだけ。千秋楽の相撲も、自分の相撲が取り切れたと思っています。

−−応援する県民へ。
日頃から県内の皆さまには、温かいご声援をいただき感謝しています。九州場所は地元なので、自分がしっかり土俵の上で皆さまに恩返しできれば。

−−延岡の竜巻災害について。
被災された方々には、一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。自分が少しでも土俵の上で結果を出すことで、見ていただいている皆さまに、元気や勇気を分けることができれば。

その他の記事/過去の記事
page-top