【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2人が手仕事作品展

本紙掲載日:2019-09-25
7面
作品を紹介する西田さん(左)と平田さん

西田さんと平田さん−虎彦サロン

 延岡市富美山町の西田洋子さんと同市永池町の平田千和子さんによる作品展「〜ひらめききらめき〜手仕事2人と仲間たち展」が10月4日まで、同市幸町の虎彦サロンで開かれている。観覧無料。

 西田さんは安賀多町で雑貨店「noichigo(のいちご)」を経営。手作り雑貨やアクセサリー、婦人服を販売しているほか、独特の書体で前向きな言葉をつづる絵文字教室と一閑張り教室を主宰している。

 平田さんは永池町で「ミシンショップ延岡」を営み、ミシン販売や修理のほか、ミシンの使い方教室、手芸・手作り教室を主宰。2人は3年前に平田さんが延岡に店を出して以来の友人で、2人で行う作品展は初。

 西田さんは、和紙と牛皮を使った珍しい一閑張りのハンドバッグやバスケット、愛らしいイラストをあしらった書などを、平田さんは手作りのハンドバッグやポーチ、人形など、それぞれ約30点を展示。個性豊かな作品が訪れる人たちの目を引き付けている。

 「牛皮を使った一閑張りは他にはありません。立ち寄られた際には、ぜひ手に取ってご覧ください」と西田さん。平田さんも「裁縫の他に刺しゅうなど、ミシンを使ってできる多彩な作品を紹介しています」と話している。開場は午前8時〜午後7時(最終日は同5時まで)。

その他の記事/過去の記事
page-top