【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「将来を考える順番が大事」

本紙掲載日:2019-09-25
7面
北浦中が始めたミライキャンバスin北浦
生き方や幸せについて説いた水永さん

北浦中進路学習−ミライキャンバス始める

 延岡市北浦町の北浦中学校(川島正寛校長、54人)は19日、地元で活躍する人の実体験に触れる進路学習「ミライキャンバスin北浦」の第1回講義を開き、3年生20人が自身の未来について考えた。

 同校は「進路指導=進学指導」になってきている現状を鑑み、今回、生徒たちに改めて将来どのように生きていきたいか、何をしたいかなどの長期的な展望を持ってもらおうと進路学習を企画。市キャリア教育センター長水永正憲さんのアドバイスの下、全6回の開講を予定している。

 第1回は水永さんが講師を務め、「君たちはどう生きるか?」と題して講演した。主要な移動手段が馬車から自動車に変わり始めた時期に触れて「当時、馬に携わる人たちの職が失われるという懸念が大きかったが、現在では自動車関連産業がトップクラスの雇用を生み出している」。これと同様に、AIをはじめとする技術の進歩が、今は存在しない職種を生み出していくとし、「社会は可能性に満ちている」と話した。

 講演を通して「幸せとは何かを考える」とともに、ー身の生き方、在り方をイメージする足りないものを身に付けるそのために学ぶことができる高校、大学を選ぶ―の重要性を示唆。「これが将来を考えるということ。順番を大切にしてほしい」と生徒たちに呼び掛けた。

 杉本慶次郎さんは「これまで幸せについて真剣に考えていなかったと気付いた。きょうの話を今後の人生に役立てたい」と話した。

 ミライキャンバスは来年2月まで、月1回のペースで開催予定。次回は、水産加工品の製造販売、鮮魚の卸・小売業を営む「新海屋」(北浦町)の小川裕介社長が講師を務める予定。

その他の記事/過去の記事
page-top