【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高山なおみさん「日々ごはん」語る−延岡

本紙掲載日:2019-09-20
6面
担当編集者を交え、日記エッセー「日々ごはん」シリーズについて語る高山なおみさん(左)


 料理家、文筆家として活躍する高山なおみさんのトークイベントが15日、延岡市駅前複合施設エンクロスであり、人気の日記エッセー「日々ごはん」シリーズを中心に、担当編集者を交えながら、今の暮らしや幼少期について自身の言葉で優しく語った。

 高山さんは2016年5月、夫との関係を見詰め直すため一人、東京都から神戸市へ引っ越した。「日々ごはん」シリーズの最新作「帰ってきた日々ごはんァ廚任蓮▲バー写真にその引っ越した日の夜ご飯の写真が使われている。

 鍋、器、箸など高山さんの物は全て運び出された後の、夫との〃最後の晩さん〃は伸びきった即席ラーメン。「この写真を使うと聞いた時、初めは日常をありのままに出し過ぎて、読者の皆さんが引いてしまうのではないかなと、正直とても悩んだ」という。「だけど毎日の食事というのは、きれいだけでは済まされない。これが『日々ごはん』なんじゃないかな」と使うことを決めたという。

 また、文筆家として自分の言葉をとても大切にしている高山さん。それは幼少期の言語障害と関係している。自分の思いを上手に話すことは苦手だったが、言葉や物語、空想することは大好きだったという。「例えばジャスミンティーのことをほわんと考えていたら、口の中にジャスミンティーの味やにおいが湧いてきます。もともと食いしん坊ですが、そういう才能がある。それで料理家をやっているのだと思います。肩書は好きではないが、文筆家も料理家も私の中では出口が違うだけ」と話した。

 トークイベントには35人が参加し、高山さんの言葉一つ一つにじっと耳を傾けていた。

その他の記事/過去の記事
page-top