【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県議会一般質問1日目−河野哲也議員

本紙掲載日:2019-09-18
2面

◆若年層の自殺対策−SOSの出し方教育を推進

【河野哲也議員】
▽県北地区の災害対策=防災減災・国土強靱(きょうじん)化3カ年緊急対策はどう取り組んでいるか。
▽自殺対策=若年層にどう対応しているか。
▽インバウンド対策=多言語対応や移動手段の環境整備をどう進めるか。

【瀬戸長秀美県土整備部長】
▽県北地区の災害対策=北川や耳川などで河川内の樹木伐採や河道掘削、堤防補強を進めており、緊急輸送道路の国道218号は干支大橋などの耐震補強、県道岩戸延岡線などの道路のり面の防災対策、砂防ダムや急傾斜地崩壊防止施設などを整備している。

【渡辺善敬福祉保健部長】
▽自殺対策=出前講座、Eメールで相談できる「宮崎こころの保健室」、ワンストップポータルサイト「ひなたのお節介」を運営し、「死にたい」などのワードに反応して表示される検索連動型広告も設定。SOSの出し方に関する教育も推進している。

【井手義哉商工観光労働部長】
▽インバウンド対策=来月からインターネット上の経路検索サービスに県内路線バスの運行情報を他言語で表示。土日・祝日のみの宮崎―高千穂間の直行バスを毎日運行し、車両にはWi―Fiを設置する。案内表示の多言語化も支援する。

その他の記事/過去の記事
page-top