【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

水道料金修正案可決

本紙掲載日:2019-09-14
1面

◆修正案に賛成−本部仁俊議員

 修正案に賛成の立場から討論を行う。

 南海トラフ巨大地震などの災害対策のため、一般会計出資債という国の財政支援を活用して耐震化などを進めることは、大いに結構である。

 しかし、一般会計出資債は国の制度を利用した借金であり、しかも2023(令和5)年度までの措置。今回の水道料金引き下げは恒久的な財源の確保によるものではなく、時限的な財源を組み入れて見直されたもの。そのため、基本料金引き下げに加え、毎年約2200万円の収入減が生じることになる。8年後には今回の一般会計出資債で見込んだ財源は無くなり、料金引き上げ等の措置をとらなければ、その後も毎年約2200万円の収入減が続くことにもなる。

 今回の水道料金引き下げは、今後の給水人口の減少に伴う料金収入の減少や施設等の老朽化による更新費用の増大などを考えると、水道料金の安定性、水道施設等の安全対策の計画的な推進という点で不安が残る。

 多くの市民の意見を伺った上で慎重に判断すべきであり、現時点での判断は時期尚早として、議案のうち基本料金の改正については、もっと慎重に審議すべきということで修正案が提出された。大いに賛成である。


◆修正案に反対−平田信広議員

 修正案に反対し、市提出の原案に賛成する。

 原案は、消費税増税に伴って水道料金を引き上げると同時に、一般財源から繰り入れをして一定の引き下げを行い、消費税増税分を差し引いて引き下げ、市民負担を軽減するものである。

 修正案は、引き下げ部分を削除し、消費税引き上げ部分のみを認め、水道料金を引き上げるという議案である。

 消費税による庶民の負担感は大きい。消費税増税を公共料金に上乗せするのは反対である。消費税増税だけを認めて市民に負担増を強いる修正案には、賛成できない。

 その点、原案は消費税増税を反映するものの、それをカバーする投資をして、わずかだが引き下げるもの。市民の生活を考えた英断だと思う。

 修正案は、水道管の耐震化を進めるため、将来の安心・安全のために当面の市民の負担増は我慢しろというように聞こえる。私は、現在の暮らしを守ってこそ将来の安心・安全だと思う。

 原案は、耐震化計画を遅らせてその財源を充てるとは言っていない。仮に今回の引き下げの財源を耐震化に充てても、水道管の耐震化はわずか0・2%。安心・安全に特段の影響が出るとはとても思えない。

その他の記事/過去の記事
page-top