【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新農水相の横顔−2003年11月に初当選

本紙掲載日:2019-09-12
3面

周囲の人物評、もっぱら「温厚」

 父は運輸相や建設相、総務庁長官を歴任した隆美氏(故人)。2003年11月の衆院選で父の地盤を引き継いで政界入りした。前年の02年8月、宮崎市内で出馬表明した際には、「宮崎県が他県と同等以上の立場で競争できる環境づくりのために働きたい」と語っている。

 6期目。党農林部会長、農林水産副大臣、衆院農水委員長などを歴任。棚田地域振興法の成立などに尽力し18年10月、農政通としての力を買われて首相補佐官に起用され、農林水産物の輸出振興などに取り組んできた。

 民主党政権下の10年4月に県内で発生した口蹄(こうてい)疫問題では、農林水産委員会で農畜産現場の窮状を訴え、「大臣は農民、農村、農家、畜産家、林業家、水産業、この業界で働く人のために一緒に涙を流す気持ちを持ってほしい」「どうかこの委員会一丸となって何とか助けてください」と対策を強く求めた。

 05年に小泉政権の郵政民営化法に反対して離党に追い込まれ、翌年復党した。父は「タカ派」で知られたが、周囲の人物評はもっぱら「温厚」。無所属で立候補し、自民公認候補と選挙戦を繰り広げた同年の衆院選では、「一人ひとりとつながっている。人の温かい心は、推薦の何倍も重い」と支持者との結束力を強調。内に闘志を秘める側面も持つ。

 特技は空手とアイスホッケー。趣味は釣りなど。座右の銘は「愛郷無限」。門川町出身、59歳。無派閥。

その他の記事/過去の記事
page-top