【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ワッショイ星人と森の精

本紙掲載日:2019-09-12
6面
個展を開いているアーナー恵子さんと、メインの作品「ワッショイ星人の成長する木」

アーナー恵子さんが個展、21日まで−日向

 延岡市鶴ケ丘在住の現代美術家、アーナー恵子さん(59)の個展「ワッショイ星人と森の精」が21日まで、日向市富高の「カフェさんく」で開かれている。美しい色彩で自由に表現された作品約30点を展示。観覧無料。来場を呼び掛けている。

◆みんなを応援するキャラクター

 タイトルにある「ワッショイ星人」とは、アーナーさんが2012年から制作しているキャラクター。愛らしくおみこしを担ぐように両手を上げ、集団で行動する。

 制作のきっかけは、10年に県内で口蹄(こうてい)疫が発生し、その後、夫が他界。翌11年には東日本大震災が発生し、命が奪われる悲しい出来事が続いた。「自分のためにも、命あるみんなのためにも、背中を押してくれるようなキャラクターがあるといいな」。そんな思いから生まれた。

 メインの作品である布のオブジェ「ワッショイ星人の成長する木」は、たくさんのワッショイ星人が上へ上へと伸びやかに連なり、一つの大きな木を形作っている。展示するたび、その数は増え、現在高さ約2・7メートルに〃成長〃している。

 他に「ワッショイ星人のピンクのドレス」や「ワッショイ星人のクリオネ」など、店内のあちこちにワッショイ星人が姿を現す。

 もう一つのテーマ「森の精」は、「ワッショイ星人の成長する木」から連想して制作したアクリル水彩画。森にたたずむウサギやシカが、鋭く澄んだまなざしを向ける。

 同カフェでの個展は初めて。アーナーさんは「白でも黒でも、色一つ一つに力があると私は信じています。作品を見て楽しんでもらえたらうれしい」と話している。

 「カフェさんく」の営業時間は午前11時〜午後7時。木、日曜日は休み。

その他の記事/過去の記事
page-top