【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

江藤拓氏農林水産大臣就任

本紙掲載日:2019-09-11
1面
2017年10月の衆院選で6選を果たし、順子夫人と喜ぶ江藤氏

祝初入閣−首長ら各界から喜びの声

 第4次安倍再改造内閣の閣僚名簿が11日午後、発表され、衆院宮崎2区選出の江藤拓氏(59)=無派閥=が農林水産相として初入閣した。父隆美氏(故人)は建設相や運輸相(ともに現国交相)、総務庁長官(現総務相)を歴任。大臣就任は県北から24年ぶり。親子2代での就任でもあり、市町村長や農林水産業界、経済界などからは「心強い」「農業国日本の発展のために活躍を」など喜びと期待の声が上がった。


◇読谷山洋司・延岡市長
江藤拓衆議院議員が農林水産大臣として入閣を果たされますことは誠に喜ばしく、農林水産業を市政の柱として地域振興に取り組んでおります本市にとりまして、非常に心強く思っております。国政のさらなる発展のために、ますますのご活躍をお祈り申し上げますとともに、延岡市をはじめ宮崎県北の振興に対しまして、大いにご手腕を発揮されますことを期待しております。

◇十屋幸平・日向市長
このたびの大臣就任は、当市はもとより宮崎県全体においてこの上ない喜びであり、ひとえに先生の豊富なご経験と卓越した見識・行動力が高く評価されたものと心からお祝い申し上げます。今後とも、国民の大きな期待を胸に、これまで培われた政治手腕を十二分に発揮され、日本の農林水産業発展のために、より一層ご活躍いただきますことをお祈りいたします。

◇安田修・門川町長
親から受け継がれたいちずな愛郷精神と政治感覚、世のため人のために尽くしてきた「報恩の念」が花開き感無量であります。これからも郷土宮崎県のさらなる発展と、日本国安泰のために培ってきた政治手腕を発揮してください。そして日本国土の大半を守り続けてきた農山漁村の繁栄に、なお一層心血を注いでいかれますようご祈念いたします。

◇田中秀俊・美郷町長
この時を、県民一日千秋の思いで待っていたのではないでしょうか。農林水産大臣、ご就任おめでとうございます。中山間地域が抱える諸問題に対して、スピード感を持って夢や希望が持てるような積極的な政策展開と、これまでの実績や豊富な経験を生かし、国政にご尽力いただきますようご期待を申し上げます。「愛郷無限」が座右の銘とも伺っております。ここで生活するふるさとの人々の思いを強く持ち、郷土発展のために重ねてご期待致します。

◇甲斐宗之・高千穂町長
本町をはじめ県北5町村は「高千穂郷・椎葉山地域」として世界農業遺産に認定された中山間地域ですが、人口減少が進む中で農林業をどう維持・発展させていくかが大変重要な課題です。そのような中、本地域を熟知され棚田地域振興法の成立にも尽力された江藤先生の農水大臣ご就任は心強い限りです。中山間地域の農林業を守る政策をなお一層推進していただくことをご期待申し上げます。

◇佐藤貢・日之影町長
本町を含めた中山間地域の農林業に精通された江藤拓先生の農林水産大臣の就任に、大変心強くうれしく存じます。町民の悲願でもある九州中央自動車道の整備については、長年にわたり力強く応援していただいており、早期の全線開通に向け、引き続きご尽力を賜りますようお願いいたします。今後はさらに激務となられることと存じますが、ご自愛いただき、一層のご活躍をご祈念申し上げます。

◇原田俊平・五ケ瀬町長
これまでの農林水産大臣政務官、農林水産副大臣、更には衆議院農林水産委員長などの要職を経験され、昨年10月から安倍首相の側近となる首相補佐官に就任された江藤拓代議士が農林水産大臣に就任されたことは、基幹産業が農林業である五ケ瀬町にとっては待ちに待ったことであり、本当にうれしく思います。
今後は、これまでの豊富な経験を生かされ、棚田地域振興法をはじめ、中山間地域に暮らす私どもの視点に立った政策の展開と宮崎県、更には農業国日本のためのご活躍を期待申し上げる次第です。

◇椎葉充晃・椎葉村長
衆議院議員として初当選以来、農林水産大臣政務官や農林水産副大臣、首相補佐官などたゆまぬご努力のたまものであると拝察致します。国務大臣として、中山間地を含め、国の農林水産業全体が多面的機能や価値を発揮することで地域が元気となり、希望ある未来が開かれるよう、ますますお力を発揮されますようお願い申し上げます。今後はさらに激務となられることと存じますが、一層のご活躍をご期待申し上げます。

◇西川健・諸塚村長
諸塚村民一同、心よりお喜び申し上げます。国民の生活を守る、農林水産業政策の重要性は申し上げるまでもありません。国土の均衡ある発展のため、幅広くご活躍を賜りますが、江藤大臣の持ち前のバイタリティーで大役に挑んでください。国内外とも課題山積でありますが、これまでの豊富なご経験とご手腕を発揮されることをご期待するとともに、より一層の飛躍とご健勝をご祈念申し上げます。

その他の記事/過去の記事
page-top