【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

暴力団壊滅へ−みかじめ料等縁切り同盟(仮称)

本紙掲載日:2019-09-10
3面

県警組織犯罪対策課と延岡署−設立を準備中

 暴力団など反社会的勢力のいない安全で安心なまちづくりを目指そうと、延岡市内で「延岡地区みかじめ料等縁切り同盟(仮称)」の設立準備が進んでいる。県警組織犯罪対策課や延岡署が中心となり、業界団体、個人店主などに加入を呼び掛け、一体となって暴力団による不当要求を拒み、資金源根絶を図る。

 「みかじめ料」とは、暴力団などがその威力を背景に、飲食店、風俗店、建設業者など各種業界に対して用心棒代、あいさつ料、守料などの名目で金銭を徴収するもの。県警組織犯罪対策課によると今年4月現在、県内の暴力団組織は12組織。大きな組織ほどみかじめ料を安定した資金源とし、それを原資にさらに資金を獲得している状況がうかがえるという。同課は「暴力団壊滅には、みかじめ料の根絶が急務」としている。

 しかし、怖くて拒否できずに渋々ながら払い続けていた業界や個人店主もあるのが実情。そこで、みかじめ料などを根絶するための連体組織を「縁切り同盟」の形にすることで、会員が一体となり、勇気を持って暴力団に対し断固拒否の意思を示していく。

 他県では高知、山形、新潟、長崎、大分でも「解縁隊」「お断り同盟」などの名で組織し、暴力団の資金源根絶を図っている。県内では2017年12月、宮崎市内で「宮崎北地区繁華街みかじめ料等縁切り同盟」が結成されたのが最初。延岡が設立されれば2カ所目となる。

 延岡地区では、飲食業界、遊技業界、経済界など個人、法人を問わず広く事業主に会員として参加を呼び掛けている。県警組織犯罪対策課、延岡署、延岡市、県暴力追放センター、県弁護士会民事介入暴力対策委員会が支援組織となり、不当要求に関する相談を受けたり、刑事事件の処理、同盟会員の保護対策、情報発信や法的対応の助言などを行う。

 総決起大会を11月14日、延岡市役所で行う予定で、設立後はステッカーを製作し、事業所や店舗入り口などに張って、みかじめ料などを断固拒否する意思を示す。事務局は延岡署刑事2課に置く。同課は「民間の力を示すことで個人経営者にとっても相談しやすくなるし、情報共有が図られて防犯の機運も高まる」と効果に期待を寄せている。

その他の記事/過去の記事
page-top