【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2部門で42人が技競う

本紙掲載日:2019-09-09
2面
火花を散らしながら競技に挑む参加者

溶接技術競技日向地区大会

◆浦さん、藤本さんが優勝

 県溶接技術競技会の第64回日向地区大会はこのほど、日向市日知屋の日向ひとものづくりセンターであり、アーク溶接と半自動溶接の2部門に管内の7社から42人が参加、日ごろ磨いた技を競い合った。主催は日向鉄鋼会(会長=倉本英和・倉本鐵工社長)。

 その結果、アーク溶接の部は協誠鐵工(同市財光寺)の浦正洋さん、半自動溶接の部はサノヤス・エンジニアリング宮崎工場(同市日知屋)の藤本啓志さんがそれぞれ優勝(日向市長賞)した。

 競技は、45分の所定時間に薄板(厚さ4・5ミリ)と中板(同9・0ミリ)の鉄板を各2枚溶接。後日、仕上がり品を県工業技術センター(宮崎市佐土原町)に送り、溶接部分の幅や形がそろっているか、凹凸がないかなどが審査された。

 上位成績者は11月に同技術センターである県大会に出場する予定。

 各部門の主な成績は次の通り。

▽アーク溶接の部
 ̄裟詰痢紛╂随長)日高勇一(キヨモトテックイチ)J鈍稽軌譟柄卷橲長)で霤諦脇繊米院豊ダ蕎晶啗(アキ製作所)

▽半自動溶接の部
‘K楫嫉屐淵汽離筌后Ε┘鵐献縫▲螢鵐圧楮蟾場)中田敏郎(同)FK楝膵

その他の記事/過去の記事
page-top