【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

加草2区に防災備蓄倉庫

本紙掲載日:2019-09-05
3面
門川町加草2区が手作りで設置した防災備蓄倉庫

住民が資材持ち寄り整備−門川町

 門川町加草2区(金丸良太区長)の自主防災組織がこのほど、加草共同墓地がある松尾城跡に防災備蓄倉庫を手作りで設置した。自主防災組織による整備は同町内で初めて。金丸区長は「他の区のモデルケースになれば」と話している。

 備蓄庫の設置場所は海抜約20メートルに位置。住民らの避難場所でもあるため、トイレを設けたほか、電気を通し、停電した場合を考えて発電機も備えた。雨水をタンクにためて利用するための水道設備も整備した。

 3月ごろ、同区の役員が集まる中で備蓄庫を造る話が持ち上がった。「避難場所はあるのに、何もしないのはおかしい」という声もあり、松尾城跡に設置することで準備を進め、役員ら13人と1団体で建設チーム「プロジェクト松尾」を立ち上げた。

 資材のほとんどを持ち寄り、掘削、運搬・設営、重機操作、配管施工、電気工事、溶接、関係機関との調整・事務手続きなど、作業に参加した延べ約200人が得意分野で力を発揮。土地は山を管理している加草森林生産組合が無償で貸し出してくれた。

 倉庫に活用するコンテナを運び込み、重機で穴を掘って合併浄化槽を埋設。トイレは不要になった物をもらい受け、新品と変わらないほどに磨き上げた。雨水を利用できるよう、雨どいからパイプを延ばしてタンクにためる設備を作り、備蓄庫としてだけでなく避難場所として十分に活用できるようにした。

 手作りならではの苦労も多かった様子。コンテナをクレーン付きトラックの荷台から下ろす際、クレーンのワイヤが伸びたため、クレーン付きトラックをもう1台調達する事態に。梅雨時期には山の水がコンテナ周辺に流れ込み、なかなか床板を張れなかったという。

 同区は今後、非常食や非常水などを備蓄し、継続的に維持管理をしていく。さらに、倉庫整備だけで終わらず、「みんなの命を預かるのに我流ではいけない」(金丸区長)と防災士を増やす計画。現在、資格取得者は2人で、4人が習得中という。

 金丸区長は「1年に1回はこの避難場所での行事を組んで、親しみをもってもらいたい。避難場所、倉庫の存在を知っていれば、いざという時でも心に余裕ができ、すぐこの山に足が向くのではないだろうか」と話した。

【プロジェクト松尾のメンバー】
金丸良太、請関悦雄、山口秀雄、牧野敏幸、市岡良一、黒木敏美、黒木信二、請関茂、請関国康、高橋栄一、平田弘明、請関義人、永田究、かもわら会

その他の記事/過去の記事
page-top