【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

向心クラブが頂点−Aクラス

本紙掲載日:2019-09-04
9面
Aクラス優勝の向心クラブ
Bクラス優勝の心
Aクラス最優秀賞の大久保、優秀賞の和田、打撃賞の山室和、敢闘賞の佐藤公(左から)
Bクラス最優秀賞の黒木雄、優秀賞の植田、打撃賞の川越、敢闘賞の清池(左から)
【決勝・向心クラブ―超BOFU】2安打3打点の活躍で最優秀選手賞に輝いた向心クラブの大久保

第42回早瀬旗争奪軟式野球大会

◆Bクラスは心が制す

 第42回早瀬旗争奪軟式野球大会(延岡野球審判協会主催)の最終日は1日、延岡市の妙田球場で行われ、Aクラスの決勝は向心クラブが超BOFUを9―0で破り頂点に立った。Bクラスは心がセネタースを11―6で下して優勝した。

 Aクラスの向心は初回、三塁の和田裕太討鮃田雅也の適時内野安打でかえし先制。その後も山室和輝、太田悠斗の適時打などで加点した。四回には、大久保光也が左越え2点本塁打を放ち試合を決めた。先発した野田智弘は、四回を3安打無失点。最終回は、甲斐賢太が3人で締めた。超BOFUは四回、佐藤公平らの連打で反撃したが本塁が遠かった。

 Bクラスの心は初回、敵失と連続押し出しで先制。1点差に迫られた三回は、押し出しや黒木雄太、植田良昌の適時打など、一挙8得点で突き放した。先発の黒木雄太は要所を締めて完投。セネタースは相手を上回る8安打を放ったが、好機にあと1本が出なかった。

 試合後の表彰式では個人賞の発表もあり、Aクラスは大久保光也(向心)が最優秀選手賞、和田裕太董米院砲優秀選手賞を受賞。打撃賞に山室和輝(同)、敢闘賞に佐藤公平(超BOFU)が選ばれた。

 Bクラスは黒木雄太(心)が最優秀賞、優秀賞は植田良昌(同)。準優勝のセネタースから川越康平が打撃賞、清池翼が敢闘賞にそれぞれ選ばれた。

 試合結果は次の通り。

【Aクラス】
▽決勝
超BOFU 00000−0
向心クラブ 2412×−9(五回コールド)
▽本塁打=大久保(向)。▽二塁打=和田、大久保、太田(向)。
[評]向心は初回、黒田の適時内野安打で先制。二回は敵失や山室和の適時打で加点。四回は大久保の2点本塁打で駄目を押した。先発の野田智は四回を無失点、最後は甲斐が締めた。超BOFUは打線が振るわず、向心の好守にも阻まれた。

【Bクラス】
▽決勝
セネタース 011310− 6
心     30800×−11(六回時間切れ)
▽三塁打=川越(セ)。▽二塁打=赤木、柳田(セ)。植田(心)。
[評]心は三回、四球と連打で満塁の好機を作り、押し出しや黒木雄、植田の適時打などで大量得点を奪い、試合の主導権を握った。先発の黒木雄は要所を締めて完投。セネタースは、六回にも1死満塁の好機を作ったが、後続が続かなかった。

その他の記事/過去の記事
page-top