【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向署に大輪の花

本紙掲載日:2019-09-03
3面
日向署で咲いた「ひまわり絆プロジェクト」のヒマワリ

京都発/ひまわり絆プロジェクト

◆交通事故防止へ願い

 日向警察署の花壇に元気いっぱいのヒマワリが咲いている。同署は今年から「ひまわり絆プロジェクト」に参加して育てた。ヒマワリには命の大切さと交通事故防止の願いが込められている。

 2011年11月、京都府に住んでいた東陽大ちゃん=当時(4)=が交通事故で亡くなった。同プロジェクトは、陽大ちゃんが幼稚園で育てていたヒマワリの種を事故後に両親が育て、事故を担当した京都府警の警察官に託したのが始まり。

 種は警察官が勤務していた亀岡署の花壇で花を咲かせ、16年からはヒマワリを咲かせて交通事故防止を訴えるイベントとして、全国の警察署や小中学校に広がっている。

 日向署では、宮崎県警本部から同プロジェクトの種を譲り受け、陽大ちゃんの誕生日の5月18日に署内の花壇に10粒植えた。その後、交通課が主となって水やりや害虫よけなど世話をしてきた。8月31日に一つが大輪の花を咲かせたという。

 外村卓朗交通課長によると、開花した花の他にも二つが順調に育っている。「悲惨な事故が起きぬよう交通事故防止に努めていく。命の大切さを伝えるとともにヒマワリの種を広げていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top