【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

集いの場「モトコモリカフェ」

本紙掲載日:2019-08-15
1面
「モトコモリカフェ」を始める今村浩平さん(右)と松田ノリ子さん=日向市富高の「カフェさんく」にて

29日から月1回、カフェさんく−日向

 〃元引きこもり〃と〃元引きこもりの子どもを持つ親〃による、当事者とその保護者のための集いの場「モトコモリカフェ」が29日から月1回、日向市富高の「カフェさんく」で始まる。専門家ではないため解決のためのアドバイスはしない。大切にしたいのは、あくまで当事者としての目線。お茶を飲んだり、おしゃべりをしながら、共に学び合い、心穏やかに過ごせる居場所づくりを目指す。発起人であるカフェさんく店長の今村浩平さん(33)と、東京都内で保護者の支援団体を立ち上げている松田ノリ子さん(70)=門川町宮ケ原在住=に話を聞いた。

◆元引きこもりと親−居場所づくりへ

 今村さんは高校3年生のときに引きこもるようになった。もともと神経質な性格で、人の目を気にするタイプ。勉強すればするほど成績は上がったが、テストのたびに苦しくなり、次第に人前でご飯を食べられなくなったり、人の中に入ると緊張したりするようになったという。

 20歳のとき、3歳上の兄を頼って上京するも、アルバイトを見つけ働いては体調を崩して辞めるという生活を繰り返した。26歳のとき、父親から一通の手紙が届いた。「頑張らなくてもいいじゃないか。帰ってきて一緒にカフェでもしよう」。東日本大震災の直後だった。「もう頑張るのはやめよう。あがくのはやめよう」。今村さんは帰郷を決めた。

 待っていた家族や地域は「とにかく温かくて、『もっと僕のことを心配してよ』っていうくらい自然に迎えてくれた」という。「この自分でいいんだと、やっと腹に落とし込めた」と振り返る。

 そんな自分の経験を、数年前からカフェのお客さんや地元のコミュニティーFM局で語ってきた。「誰かの力になれるのではないか。自分には伝える役目があるのではないか」。そんな思いからだった。そして松田さんと出会う。

 松田さんは福島県出身。暮らしていた東京都から7年前、夫の実家のある門川町に移り住んだ。現在33歳になる息子が中学3年生のときに不登校になり、高校生のときに引きこもりになった。

 26歳のときに社会人となり自立したが、苦しみ、乗り越えてきた一人の保護者としての経験を伝えることで「同じように悩んでいる家族に一日も早く信頼関係を取り戻してもらいたい」と、約10年前に保護者を支援する団体を都内に立ち上げた。

 今村さんとつながったのは今年1月のこと。友人から今村さんのことを聞き、松田さんから声を掛けた。「当事者としての経験を肯定的に自分のものとして発信している人がいることに驚いた」という。自身の息子も今「あのときがあったから今の自分がいる」と語っているという。

 その後、5月に神奈川県川崎市で無差別殺傷事件、6月に東京都練馬区で元農林水産省事務次官による殺害事件が立て続けに発生。いずれも引きこもりの当事者が関係した事件だった。

 偏見や差別をあおるような内容の報道に「このままだと、ますます引きこもりの子どももその親も萎縮(いしゅく)して外に出られなくなってしまう。何とかしなければ」と感じた今村さん。松田さんも思いは同じだった。「自分たちでやるしかない」。当事者とその保護者が心穏やかに過ごせる居場所づくりを目指し、2人は動き出した。

 「モトコモリカフェ」は「元引きこもりが運営するカフェ」という意味。初回は29日午後2〜5時、カフェさんくで開く。その後は毎月1回のペースで開く予定。ワークショップなどのイベントも不定期で計画中。基本は小学生、中学生の当事者とその保護者を対象とする。参加費は500円もしくはハートマネー。事前の申し込みは必要ない。


その他の記事/過去の記事
page-top