【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

富島、2年連続4回目V

本紙掲載日:2019-08-08
9面
2年連続4回目の優勝を果たした富島(提供写真)

新島旗第32回九州中学校ラグビーフットボール競技大会

◆決勝は熊大付属に43−17−主将「自分たち信じて戦えた」

 九州ラグビーフットボール協会主催の2019年度新島旗第32回九州中学校ラグビーフットボール競技大会が7月31日〜今月2日、大分県の鯛生スポーツセンターであり、本県代表の富島(日向市)が2年連続4回目の優勝を果たし全国大会への出場を決めた。

 大会には九州、沖縄の16チームが出場。各県1位などで競うAグループ、同2位などのBグループに分かれ、それぞれトーナメント戦で頂点を目指した。

 Aグループの富島は、初戦で川副(佐賀)と対戦。開始からグラウンドを広く使った展開ラグビーと大きくエリアを挽回するキックを有効に使い、ボールを支配し続けて63―5と大勝した。

 準決勝の百道(福岡)戦では前半、相手堅守に再三の好機を阻まれたが、主将の鈴木彪馬(スタンドオフ)のキックパスに反応した奈須竜信(ロック)が終了間際に先制。後半は、開始早々にサインプレーから稲田泰己(フルバック)が抜け出して加点し、追い上げられた終盤には黒木紘河(センタースリークォーターバック)が駄目押しのトライを決め、26−12で勝った。

 決勝の相手は、熊本1位の熊本大教育学部付属。攻撃パターンを読まれて苦しい場面もあったが、鈴木を中心に声を掛け合って落ち着いたプレーを徹底。黒木の5トライを含む計7トライを奪い43−17で九州王者となった。

 緒方善弘監督は「全員が最後まで諦めず、練習してきたことを全て出し切ってくれた。全国大会までに走り込んで体力をつけ、ディフェンスを強化していきたい」と抱負。

 鈴木主将は「連覇を目標に掲げて練習してきた。どんなに苦しい場面でも仲間と励まし合い、自分たちのラグビーを信じて戦えた。本戦では初戦を突破し、昨年度の3位を上回りたい」と意気込んだ。

 全国大会の太陽生命カップ2019第10回全国中学生ラグビーフットボール大会は来月14日から、茨城県水戸市のケーズデンキスタジアム水戸などで行われる。

その他の記事/過去の記事
page-top