【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

男子ソフト開会42校の熱戦

本紙掲載日:2019-08-06
9面
選手宣誓を行う日向工の小野主将(左)と旗手の黒田右翼手

全国高校総体−日向工の小野主将が宣誓

 全国高校総合体育大会の男子ソフトボール競技(第54回全日本高校男子ソフトボール選手権大会)は5日、日向市文化交流センターで開会式を行った。「響かせろ我らの魂南の空へ」のスローガンの下、各都道府県の代表42校がお倉ケ浜総合公園を会場に熱戦を繰り広げる。大会は9日まで。

 開会式には出場チームの選手や監督、役員、審判ら約1500人が出席。地元日向市の十屋幸平市長、日向3年の橋口景菜=ひろな=さん(県高校生活動推進委員会)が歓迎の言葉を述べた。

 地元日向工の小野弘稀主将(3年)が旗手の黒田航平右翼手(同)と共に壇上へ。小野主将は「大舞台を目標に汗と涙を流しながら練習に励んできた。たくさんの方々に支えられている。感謝の気持ちを忘れず、大好きなソフトボールができる喜びを胸に、勇気と感動を届けられるよう最後まで全力で戦い抜く」と力強く選手宣誓を行った。

 本県からは県代表の日向工と開催県枠で地元の日向が出場。全国の強豪と競い日本一を目指す。

 競技初日の6日は、台風通過の影響で全日程を中止、7日以降に延期した。

その他の記事/過去の記事
page-top